年間スケジュール(2021年)

国立映画アーカイブ
2021年度上映・展示・教育普及企画スケジュール

*企画の名称、日程、内容等は変更されることがあります。
*各企画の詳細は確定次第、順次公開いたします。

*新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防⽌のため臨時休館しておりましたが、6月1日(火)より開館します。詳細はこちらをご覧ください。※5/29(土)更新

●新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、ご来館の前にこちらをお読みください。

 

長瀬記念ホール OZU

1980年代日本映画――試行と新生
New Challenges: Japanese Films in the 1980s

臨時休館に伴い、会期変更となりました。

変更前 2021年2月16日[火]-3月28日[日]、4月8日[木]-5月5日[水・祝]
変更後 2021年2月16日[火]-3月28日[日]、4月8日[木]-4月24日[土]

大手映画会社の製作本数の減少とともに、新しい映画作家やプロダクションが台頭し、映画市場に変革が起こった1980年代の日本映画を、代表的な作品を通じて回顧します。

企画詳細

 

NFAJ所蔵外国映画選集 2021
Foreign Films Selection from the NFAJ Collection 2021

上映中止とお伝えしていましたが、再開館に伴い会期を変更して開催いたします。※5/29(土)更新

変更前 2021年5月6日[木]-5月23日[日]
変更後 2021年6月8日[火]-6月23日[水]

NFAJが所蔵する日本語字幕付き上映プリントから、外国映画を精選して特集する企画。貴重なコレクションの数々を国立映画アーカイブの大スクリーンでお楽しみください。

企画詳細

 

EUフィルムデーズ2021
EU Film Days 2021

変更後の会期が決定しました。※6/2(水)更新

変更前 2021年5月28日[金]-6月20日[日]
変更後 2021年6月24日[木]-7月18日[日]

共催:駐日欧州連合代表部およびEU加盟国大使館・文化機関

欧州連合(EU)加盟国の映画を一同に集めて紹介する恒例の「EUフィルムデーズ」。2021 年は19 回目(当館での開催は13 回目)を迎え、各国の近作・話題作を通して、EU各国の魅力とその文化的多様性を紹介します。

企画詳細

 

追加上映:松竹第一主義、三船敏郎、原節子
Additional Screenings: Shochiku, Toshiro Mifune and Setsuko Hara

臨時休館による上映の年間スケジュール変更のため、中止となります。※6/2(水)更新

2021年6月22日[火]-7月4日[日]中止

感染症対策により定員を減らして上映した2020年度の企画から、定員完売となった作品を中心に追加上映を行います。

 

逝ける映画人を偲んで 2019-2020
In Memory of Film Figures We Lost in 2019 -2020

臨時休館による上映の年間スケジュール変更のため、会期変更となります。※6/2(水)更新

変更前 2021年7月8日[木]-9月5日[日]
変更後 2021年7月20日[火]-9月5日[日]

2019年から2020年までの間に逝去した監督、俳優、スタッフなど日本の様々な映画人を作品の上映を通して追悼する企画。

企画詳細

 

第43回ぴあフィルムフェスティバル
43rd Pia Film Festival

2021年9月11日[土]-25日[土]
共催:一般社団法人PFF、公益財団法人川喜多記念映画文化財団、公益財団法人 ユニジャパン(予定)

映画の新たな才能を発見し、多くの若い映画作家を育成してきた、ぴあフィルムフェスティバル。43回目を迎え、世界最大の自主映画コンペティション「PFFアワード」の他、ユニークな特集や映画人をゲストに招いたイベントも開催します。

 

サイレントシネマ・デイズ2021
Silent Film Days 2021

2021年10月5日[火]-10日[日]

世界各地で開催されている無声映画祭と同様に、弁士の説明や生演奏を付けて無声映画を上映する企画。所蔵映画を中心に、6プログラムを組んで上映します。

 

没後40年 映画監督 五所平之助
Heinosuke Gosho Retrospective

2021年10月19日[火]-11月23日[火・祝]

1925年に松竹蒲田で監督デビューののち、『恋の花咲く 伊豆の踊子』(1933)などの名作を生み出し、戦後は東宝、歌舞伎座プロダクションや、自ら興したスタヂオ・エイト・プロダクションなどでも多くのメロドラマの秀作を作り続けた五所平之助(1902~1981)。フィルムセンター時代の1974年の回顧特集の後に収蔵した作品も含め、蒲田時代の貴重な現存作品から、晩年の意欲作まで厳選して上映します。

 

香港映画の全貌(仮)
Tracing the Hong Kong Cinema (tentative)

2021年11月30日[火]-12月26日[日]

ユニークな発展を遂げてきた香港映画の歴史を回顧する企画。香港電影資料館所蔵作品を中心に、代表作や復元作品を約24プログラムにまとめて上映します。

 

1990年代日本映画特集(仮)
Japanese Films in the 1990s (tentative)

2022年1月4日[火]-3月6日[日]

冷戦の終結やバブル崩壊など、社会や経済が大きく変動した1990年代。日本映画は外国映画の人気に押され、シェアを減らしていきました。そうした厳しい状況においても生み出されたヒット作や、インディペンデントで頭角を現した監督たちの先鋭的な作品などを通じて、1990年代の日本映画を回顧します。 

 

フランス映画特集(仮)
Selection of French Films (tentative)

2022年3月15日[火]-27日[日]

フランス映画を古典から近年の作品まで幅広く上映し、その多様性を紹介する企画。女性監督による作品や、鑑賞機会の希少な映画を中心に、近年復元された作品も含めて上映します。


ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント等、長瀬記念ホール OZUで行う教育普及企画については、こちらをご覧ください。

小ホール

NFAJコレクション 2021春
Films from the NFAJ Collection: Spring 2021
2021年5月7日[金]-23日[日]※金・土・日曜のみ
臨時休館に伴い、上映中止となりました。(5/11更新)

企画詳細

 

NFAJコレクション 2021秋
Films from the NFAJ Collection: Autumn 2021
2021年11月5日[金]-21日[日]※金・土・日曜のみ

 

NFAJコレクション 2022冬
Films from the NFAJ Collection: Winter 2022
2022年2月11日[金・祝]-27日[日]※金・土・日曜のみ

日本映画や外国映画、劇映画やドキュメンタリー、アニメーションなど、国立映画アーカイブの多種多様なフィルムコレクションに光を当てる上映企画。


小ホールで行う教育普及企画については、こちらをご覧ください。

教育普及企画

こども映画館 2021年の夏休み★
Kids’ Cinema: The Summer Vacation of 2021

会 場:小ホール
開催日:2021年7月30日[金]-31日[土]、8月6日[金]-7日[土]

小・中学生を対象に、スクリーンでの映画(フィルム)鑑賞を通して、映画芸術の素晴らしさ、楽しさを体験してもらい、豊かな情操と映像リテラシーを育むことを目的とした解説付き上映会。

企画詳細

 

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント
In Celebration of UNESCO World Day for Audiovisual Heritage

会 場:長瀬記念ホール OZU
開催日:2021年10月16日[土]

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念し、映画・映像保存の大切さを考える特別イベント。

V4中央ヨーロッパ子ども映画祭
V4 Countries Kids Film Festival

会 場:小ホール
開催日:2021年12月11日[土]
共催:V4 各国大使館・文化機関

子どもたちを対象に、ヴィシェグラード4か国(V4:ポーランド、ハンガリー、スロバキア、チェコ)のアニメ映画や優れた作品を上映し、各国の文化を紹介する企画。

展示室(企画展)

創刊75周年記念 SCREENを飾ったハリウッド・スターたち
Hollywood Stars in SCREEN Magazine: Commemorating its 75th Anniversary

臨時休館に伴い、会期変更となりました。

変更前 2021年4月13日[火]-7月18日[日]

変更後 2021年4月13日[火]-8月1日[日]
※5月25日[火]-28日[金]、7月6日[火]-7日[水]休室

共催:近代映画社

外国映画の最新情報を日本に届け続けている近代映画社の月刊誌「SCREEN」は、2021年に創刊75周年を迎えます。ハリウッドでの現地取材にこだわってきた同誌が独自に撮影した華やかなスター・フォトを展示するとともに、独自取材を担ってきたハリウッド通信員たちの活動にも触れます。

企画詳細

 

生誕120年 円谷英二展
Eiji Tsuburaya: On the 120th Anniversary of his Birth

臨時休館に伴い、会期変更となりました。

変更前 2021年8月3日[火]-11月23日[火・祝]

変更後 2021年8月17日[火]-11月23日[火・祝]

※9月6日[月]-10日[金]、9月26日[日]-10月4日[月]、10月11日[月]-15日[金]休室
共催:須賀川市

特撮技術を切り拓いて東宝の戦争映画・怪獣映画・SF映画を支え、後に自ら円谷プロダクションを興してテレビにおける特撮の礎を築いた円谷英二(1901-1970)。その生誕120年を記念し、特撮に取り組む以前のキャメラマン時代にも注目しながらその生涯と功績を紹介します。

企画詳細

 

MONDO 映画ポスターの最前線(仮)
MONDO – The Front Runner of Film Poster Art
(tentative)

2021年12月7日[火]-2022年3月27日[日]
※12月27日[月]-2022年1月3日[月]、2022年3月7日[月]-14日[月]休室
共催:京都国立近代美術館

アメリカはテキサス州を本拠地に、鋭敏な感性のデザイナーやイラストレーターに委嘱、旧作・新作の垣根を超えたオリジナルな映画ポスターを生み出している「MONDO」。2004年に生まれ、現代の映画ポスター界をアート面でリードするこのグループに着目し、その代表作70点以上を展示します。

展示室(常設展)

NFAJコレクションでみる 日本映画の歴史

Nihon Eiga: The History of Japanese Film
From the NFAJ Non-film Collection

映画の渡来した19世紀末から発展を続けた日本映画の豊かな歴史を、長年当館が収集してきた多彩なコレクション(ポスター・スチル写真・雑誌・製作資料・業界資料・キャメラなど機械類・映画人の遺品・映像など)によってたどる。

※各企画展に併設

企画詳細