その他の主催・共催事業

2021年度

*過年度についてはこちら


巡回上映

特別企画 オリンピック記録映画特集――より速く、より高く、より強く

主催:国立映画アーカイブ、福岡市総合図書館 
特別協力:オリンピック文化遺産財団
協力:日本オリンピック委員会、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

会場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
会期:2021年6月16日(水)-6月27日(日)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、上映中止。

※2020年2月に行った同名巡回企画が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため同年2月21日(金)以降の上映が中止となったことを受けた再上映企画ですが、同様に上映中止となりました。

*福岡市総合図書館 映像ホール・シネラの詳細はこちら

国立美術館

MoMAK Films 2021

主催:京都国立近代美術館(MoMAK)、国立映画アーカイブ(NFAJ)
開催日:2021年6月11-13日、8月28-29日、 11月27-28日、2022年2月 
   *新型コロナウイルス感染症の影響等により、日程等変更される場合がありますことご了承ください。
会場:京都国立近代美術館 1階講堂

現代日本映画監督特集 1
本年度は、ピピロッティ・リストの回顧展に伴い女性映画監督に焦点をあてた『河瀨直美特集』を皮切りに、6月、8月、11月の3回に渡って、1990年代~2000年代にデビューした日本映画監督特集をお届けします。8月は是枝裕和監督と是枝組出身の西川美和監督、11月は冨樫森監督と沖田修一監督の作品を、国立映画アーカイブで近年収蔵した35mmニュープリントで上映します。現代日本映画を代表する監督たちの初期作品を中心に、それぞれの個性とフィルムでの表現をお楽しみください。

 ○プログラムと上映日時

河瀨直美

6月11日(金)14:00-15:35
『萌の朱雀』(1997年、WOWOW、バンダイビジュアル)

6月12日(土)14:00-15:36
河瀨直美初期短篇集
『私が強く興味をもったものを大きくFixできりとる』(1988年)
『私が生き生きと関わっていこうとする事物の具体化』(1988年)
『my J-W-F』(1988年)
『パパのソフトクリーム』(1988年)
『小さな大きさ』(1989年)
『たったひとりの家族』(1989年)
『今、』(1989年)
『女神たちのパン』(1990年)
『幸福 モドキ』(1991年)

6月13日(日)14:00-15:53
『あん』(2015年、映画『あん』製作委員会)

 

是枝裕和/西川美和

8月28日(土)14:00-16:08
『花よりもなほ』(2006年、「花よりもなほ」フィルムパートナーズ)

8月29日(日)14:00-15:59 (アフタートーク 16:10-17:10)
『ゆれる』(2006年、「ゆれる」製作委員会)
 アフタートーク  登壇者    伊藤諒司(IMAGICAエンタテインメントメディアサービス)
 聞き手・司会    冨田美香(国立映画アーカイブ 主任研究員)

 

冨樫森/沖田修一

11月27日(土)14:00-15:43
『ごめん』(2002年、「ごめん」製作事業委員会)

11月28日(日)14:00-16:09
『キツツキと雨』(2011年、「キツツキと雨」製作委員会)

 

当企画のチラシはこちら

MoMAK Films 2021 の詳細はこちら京都国立近代美術館のHP)

 

一般社団法人コミュニティシネマセンター

こども映画館『スクリーンでみる日本アニメーション!』

主催:一般社団法人コミュニティシネマセンター、国立映画アーカイブ

特設ウェブサイトはこちら

○巡回プログラム

「NFAJ短篇集:いろいろな動物の映画」*
  『体育デー』(1932年、監督:村田安司)       
  『こねこのらくがき』(1957年、監督:薮下泰次)
  『もりのおんがくたい』(1960年、監督:神保まつえ)  
  『人魚』(1964年、監督:手塚治虫)
「NFAJ短篇集:歌とリズム」*
  『村祭』[デジタル復元版](1930年、監督:大藤信郎) 
  『茶目子の一日』[パテートーキー版][デジタル復元版](1931年、監督:西倉喜代治)
  『RHYTHM』(1935年、監督:荻野茂二)
  『くもとちゅうりっぷ』[デジタル復元版](1943年、監督:政岡憲三)
  『ホーム・マイホーム』(1970年、監督:岡本忠成)
「NFAJ短篇集:さまざまな手法」*
  『なまくら刀』[デジタル復元・最長版](1917年、監督:幸内純一)
  『煙り草物語』[不完全版](1924年、監督:大藤信郎)
  『漫画 二つの世界』(1929年、監督:村田安司)   
  『PROPAGATE(開花)』(1935年、監督:荻野茂二)
『長靴をはいた猫』(1969年、監督:矢吹公郎)*
『白蛇伝』[デジタル復元版](1958年、監督:薮下泰司)*
『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年、監督:高畑勲)*

『おこんじょうるり』(1982年、監督:岡本忠成)

『パンダコパンダ』(1972年、監督:高畑勲)

『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』(1973年、監督:高畑勲)

『MEMORIES』(1995年、監督:大友克洋)

『河童のクウと夏休み』(2007年、監督:原恵一)

『セロ弾きのゴーシュ』(1982年、監督:高畑勲)

*印は国立映画アーカイブ提供プログラム

 

○会場

・川崎市アートセンター アルテリオ映像館
2021年5月5日(水・祝)10:00
上映作品:『パンダコパンダ』/『パンダコパンダ 雨降りサーカス』
主催:川崎市アートセンター、一般社団法人コミュニティシネマセンター、国立映画アーカイブ

・高知県民文化ホール(シネマ四国)
2021年7月22日(木・祝)1部 10:00 / 2部 13:00 / 3部 16:00
上映作品:『パンダコパンダ』
主催:高知県民文化ホール / シネマ四国
協力:金高堂書店
後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会
共催:こども映画館、一般社団法人コミュニティシネマセンター、国立映画アーカイブ

海外

Hiroshi Shimizu
清水宏監督特集

主催:国立映画アーカイブ、シネマテーク・フランセーズ、パリ日本文化会館
会期:2021年5月26日(水)-7月31日(土)
会場:①シネマテーク・フランセーズ:2021年5月26日(水)-6月20日(日)
   ②パリ日本文化会館:2021年6月22日(火)-7月31日(土)

上映作品(国立映画アーカイブ提供作品)
『森の鍜治屋』(1928年、監督:清水宏)
『親』[英語字幕付](1929年、監督:清水宏・大久保忠素)
『不壞の白珠』[染色版][英語字幕付](1929年、監督:清水宏)
『銀河』[英語字幕付](1931年、監督:清水宏)
『輝く愛』[活弁トーキー版][英語字幕付](1931年、監督:清水宏・西尾佳雄)
『七つの海 處女篇』[英語字幕付](1931年、監督:清水宏)
『七つの海 貞操篇』[英語字幕付](1932年、監督:清水宏)
『勅諭下賜五十年記念 陸軍大行進』[一部サウンド版](1932年、監督:清水宏、佐々木康、石川和雄、松井稔、井上金太郎、渡辺哲二)
『泣き濡れた春の女よ』[英語字幕付](1933年、監督:清水宏)
『金環蝕』[英語字幕付](1934年、監督:清水宏)
『有りがたうさん』[英語字幕付](1936年、監督:清水宏)
『金色夜叉』(1937年、監督:清水宏)
『家庭日記』(1938年、監督:清水宏)
『子供の四季 春夏の卷』[不完全版](1939年、監督:清水宏)
『子供の四季 秋冬の卷』[不完全版](1939年、監督:清水宏)
『京城』(1940年、監督:清水宏)
『ともだち』[不完全版](1940年、監督:清水宏)
『女醫の記録』(1941年、監督:清水宏)
『サヨンの鐘』(1943年、監督:清水宏)
『情報局制定 必勝歌』(1945年、監督:清水宏、田坂具隆、マキノ正博、溝口健二、大曽根辰夫、高木孝一、市川哲夫)
『その後の蜂の巣の子供たち』(1951年、監督:清水宏)
『桃の花の咲く下で』(1951年、監督:清水宏)
『大佛さまと子供たち』(1952年、監督:清水宏)
『もぐら横丁』(1953年、監督:清水宏)
『何故彼女等はそうなったか』(1956年、監督:清水宏)
『人情馬鹿』(1956年、監督:清水宏)
『母を求める子ら』(1956年、監督:清水宏)
『霧の音』(1956年、監督:清水宏)
『踊子』(1957年、監督:清水宏)
『母の旅路』(1958年、監督:清水宏)
『母のおもかげ』(1959年、監督:清水宏)

上映作品(シネマテーク・フランセーズ、パリ日本文化会館 提供作品)
『岐路に立ちて』 (1930年、監督:清水宏)
『港の日本娘』(1933年、監督:清水宏)
『東京の英雄』(1935年、監督:清水宏)
『花形選手』(1937年、監督:清水宏)
『風の中の子供』(1937年、監督:清水宏)
『恋も忘れて』(1937年、監督:清水宏)
『按摩と女』(1938年、監督:清水宏)
『信子』(1940年、監督:清水宏)
『みかへりの搭』(1941年、監督:清水宏)
『歌女おぼえ書』(1941年、監督:清水宏)
『簪』(1941年、監督:清水宏)
『暁の合唱』(1941年、監督:清水宏)
『団栗と椎の実』(1941年、監督:清水宏)
『蜂の巣の子供たち』(1948年、監督:清水宏)
『小原庄助さん』(1949年、監督:清水宏)
『母情』(1950年、監督:清水宏)
『奈良には古き仏たち』(1953年、監督:清水宏)
『しいのみ学園』(1955年、監督:清水宏)
『次郎物語』(1955年、監督:清水宏)
※①の詳細はこちら(シネマテーク・フランセーズのサイト内)
※②の詳細はこちら(パリ日本文化会館のサイト内)
 
In a Maze of Images. The Tomijiro Komiya Collection
第35回チネマ・リトロバート映画祭「映像の迷宮:小宮登美次郎コレクション」

主催:国立映画アーカイブ、フォンダツィオーネ・チネテカ・ディ・ボローニャ
会期:2021年7月20日(火)-7月26日(月)
会場:ジョリー劇場(イタリア・ボローニャ)

※詳細はこちら(チネマ・リトロバート映画祭のサイト内)

 

過年度