博物館実習・インターンシップ

2019年度博物館実習について

実習期間

8月20日(火)から8月24日(土)までの5日間。
午前10時30分から午後5時30分まで。
詳しい日程は、受け入れ通知時にお伝えします。

 

受け入れ対象者

原則として、専門学部で映画・映像あるいは美学・芸術学あるいは博物館学・図書館学を専攻する在学生とします。

 

受け入れ人数

12名を上限とし、1大学より最大で2名を受け入れます。

 

申し込み方法

大学で取りまとめのうえ、学長名による国立映画アーカイブ館長(岡島尚志)宛の依頼文書で、お申し込みください。
実習希望学生の履歴書(専攻内容と実習希望の要点を記したもの)と、当館で実習を希望する理由を述べた文書(800字程度、書式自由)、返信用封筒を必ず同封してください。

※実習希望学生が直接申し込むことはできません。

 

申し込み期間

20194月23日(火)~517日()必着 ※本年度の募集は締め切りました

 

申し込み・問合わせ先

国立映画アーカイブ 教育・事業展開室 博物館実習担当
〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6
電話03-3561-0823 ファクス03-3561-0830

 

受け入れの通知

申込み締切後に書類選考を行い、受け入れの可否を大学宛に通知します。

 

実習の修了

実習期間中の出席を確認のうえ、当館所定の修了証明書を発行します。
なお、実習内容についての評価は行いませんので、あらかじめご了承願います。

 

実習を終えて ~感想文から

 国立映画アーカイブでは、大学院に在学する学生等で映画や映画アーカイブ等の研究を志望し、国立映画アーカイブの活動と学芸業務に関心を持つ方を対象に、インターン(研修員)を募集します。

 本制度は、国立映画アーカイブの学芸業務を実地に体験することで、研究上の専門知識を深めるとともに、明確な職業意識と勤労観を育て、今後のフィルムアーカイブ活動を担う人材の育成に寄与することを目的としています。

 

募集案内

※2019年度インターンシップの募集は締め切りました。
※2019年度インターンシップ募集案内を公開いたしました。
※募集案内に従いご応募ください。

 

インターンシップを終えて