開催中の上映

  • 2024.4.9 - 5.5
  • 上映企画

生誕100年 高峰秀子

Hideko Takamine Retrospective at Her Centenary

会 期 2024年4月9日(火)-5月5日(日)※会期中の休館日:月曜日

会 場 長瀬記念ホール OZU(2階)

定 員 310名(各回入替制・全席指定席)

概要

NFAJプログラムNo55

NFAJプログラムNo.53
↑PDF版でもご覧いただけます。

上映会番号 472

 無声映画期に松竹で天才子役としてデビューし、その後に移籍したP.C.L.と続く東宝では「デコちゃん」の愛称で親しまれ、昭和のただ中を半世紀にわたり駆け抜けた偉大な映画俳優・高峰秀子(1924-2010)。戦後の新東宝時代を経てフリーとなる頃にはスター俳優としての地位を確固とし、小津安二郎、五所平之助、豊田四郎、木下惠介、成瀬巳喜男ら名匠の作品を中心に300本余りに出演しました。この不世出の映画俳優・高峰秀子の生誕100年を記念し、デビュー作の『母』(1929)から最後の出演作にあたる『衝動殺人 息子よ』(1979)まで、多彩な役柄を演じた22作品(20プログラム)を厳選し、日本映画の黄金期に大スターへと歩みを進めた足跡を回顧します。国立映画アーカイブの大スクリーンで高峰の新たな魅力の発見に立ち会い、たえず深化し続けたその演技を是非ご堪能ください。皆さまのご来場をお待ちしています。

■(監)=監督・演出 (原)=原作・原案 (脚)=脚本・脚色 (撮)=撮影 (美)=美術 (音)=音楽 (出)=出演 (解)=解説・ナレーション
■スタッフ、キャスト欄の人名は原則として公開当時の表記を記載しています。
■記載した上映分数は、当日のものと多少異なることがあります。
■不完全なプリントや状態の悪いプリントが含まれていることがあります。
NEWとある作品はニュープリントでの上映です。

 

1. (62分・1929・松竹蒲田・出:高峯秀子(春子)・監:野村芳亭)
花籠の歌 (69分・1937・松竹大船・出:高峰秀子(浜子)・監:平之助ごしょ)
2.綴方教室 (86分・1938・東宝映画・東京・出:高峰秀子(正子)・監:山本嘉次郎) 3.花つみ日記 (72分・1939・東宝映画・京都・出:高峰秀子(篠原栄子)・監:石田民三) 4.姉の出征 (65分・1940・東宝映画・京都・出:高峰秀子(田口秀子)・監:近藤勝彦)
釣鐘草 (59分・1940・東宝映画・東京・出:高峰秀子(弓子)・監:石田民三)
5.阿片戰爭 (115分・1943・東宝映画・出:髙峰秀子(麗蘭)・監:マキノ正博) 6.花ひらく 眞知子より (85分・1948・新東宝・出:高峰秀子(曽根眞知子)・監:市川崑) 7.銀座カンカン娘 (67分・1949・新東宝・出:高峰秀子(お秋)・監:島耕二) 8.宗方姉妹 (112分・1950・新東宝・出:高峰秀子(宗方満里子)・監・脚:小津安二郎) 9.朝の波紋 (103分・1952・スタヂオ・エイト・プロ・出:高峰秀子(瀧本篤子)・監:五所平之助) 10.稲妻 (87分・1952・大映東京・出:高峰秀子(小森清子)・監:成瀨巳喜男) 11. (104分・1953・大映東京・出:高峰秀子(お玉)・監:豊田四郎) 12.あらくれ (120分・1957・東宝・出:髙峰秀子(お島)・監:成瀨巳喜男) 13.女が階段を上る時 (111分・1960・東宝・出・衣裳:髙峰秀子(矢代圭子)・監:成瀨巳喜男) 14.笛吹川 (117分・1960・松竹大船・出:高峰秀子(おけい)・監・脚:木下惠介) 15.山河あり (127分・1962・松竹大船・出・衣裳監督:高峰秀子(井上きしの)・監・脚:松山善三) 16.放浪記 (123分・1962・宝塚映画・出:高峰秀子(林ふみ子)・監:成瀨巳喜男) 17.六條ゆきやま紬 (106分・1965・東京映画・出:高峰秀子(六條いね)・監・脚:松山善三) 18.華岡青洲の妻 (99分・1967・大映京都・出:高峰秀子(於継)・監:増村保造) 19.スリランカの愛と別れ (115分・1976・東宝映画=俳優座・出:高峰秀子(ジャカランタ夫人)・監・原・脚:木下恵介) 20.衝動殺人 息子よ (130分・1979・松竹=東京放送・出:高峰秀子(川瀬雪枝)・監・脚:木下惠介)

上映作品詳細

1母/花籠の歌(計131分)

  • 2024年4月19日(金) 3:40 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月25日(木) 6:40 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月5日(日) 3:40 PM@長瀬記念ホール OZU

(62分・35mm・16fps・無声・白黒)

1929(松竹蒲田)(出)高峯秀子(春子)(監)野村芳亭(原)鶴見祐輔(脚)柳井隆雄(潤色)野田高梧(撮)小田濱太郎(出)川田芳子、八雲惠美子、小藤田正一、奈良眞養、宮島健一、吉川満子、木村健児

NEW

野村芳亭による大ヒット母もの映画で、夫を亡くし幼い二人の子ども(小藤田、高峰)を抱える母(川田)の苦難を見せ場たっぷりに描く。当時5歳の高峰は、これが映画初出演とは思えないほど達者な演技を見せ、涙と笑いを誘う。現存最長版と思われる神戸映画資料館所蔵の16mmプリントから、ニュープリントを作製して上映。

花籠の歌(69分・35mm・白黒)

1937(松竹大船)(出)高峰秀子(浜子)(監)平之助ごしょ(原)岩崎文隆(脚)野田高梧、五所亭(撮)斎藤正夫(美)䏮田㔺根一(音)久保田公平(出)田中絹代、佐野周二、德大寺伸、河村黎吉、岡村文子、谷麗光、笠智衆

銀座の裏通りを舞台にした下町の人情劇として、とんかつ屋の看板娘(田中)をめぐる恋の鞘当てを描く。ヒロインの妹役に扮した高峰が、松竹歌劇団の大スター「ターキー」に憧れて歌うシーンも見どころ。高峰が田中絹代の妹役に抜擢されて注目を集めた前作『新道』(1936)に引き続いて五所平之助作品に登場し、子役から少女への転換期の中で輝きを放っている。


2綴方教室(86分・35mm・白黒)

  • 2024年5月2日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月5日(日) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1938(東宝映画・東京)(出)高峰秀子(正子)(監)山本嘉次郎(原)豐田正子(脚)木村千依男(撮)三村明(美)松山崇(出)清川虹子、德川夢声、小高まさる、水谷史郎、瀧澤修、赤木蘭子

大人の意表をつく子どもの観点が人気を呼び、ベストセラーとなった無名の少女の作文集を映画化。綴方の才能を発揮していく正子(高峰)の目線から下町の人々の素朴で健やかな日常が生き生きと描き出される。活躍の場をP.C.L.に移した高峰が初主演を務め、貧しいながらも朗らかに生きる少女を好演。高峰は本作と『馬』(1941、山本嘉次郎)で子役のイメージから抜け出し、俳優としてその後の可能性が認められるようになる。


3花つみ日記(72分・35mm・白黒)

  • 2024年4月19日(金) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月30日(火) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月4日(土) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1939(東宝映画・京都)(出)高峰秀子(篠原栄子)(監)石田民三(原)吉屋信子(脚)鈴木紀子(撮)山﨑一雄(美)河東安英(音)鈴木静一(出)清水美佐子、葦原邦子、林喜美子、御舟京子、三條利喜江

吉屋信子の少女小説をもとに、戦前期の数少ない女性脚本家として第一線で活躍した鈴木紀子による大幅な脚色を加え、女学生たちの儚く繊細な世界を映画化。大阪・宗右衛門町のお茶屋の娘・栄子(高峰)と東京から来た転校生みつる(清水)が織りなす友愛のドラマを女性映画の名匠・石田民三が描き出している。


4姉の出征/釣鐘草(計124分)

  • 2024年4月25日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月28日(日) 12:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月4日(土) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

姉の出征(65分・35mm・白黒)

1940(東宝映画・京都)(出)高峰秀子(田口秀子)(監)近藤勝彦(原・脚)眞壁博(撮)河﨑喜久三(美)北村高敏(音)鈴木靜一(出)山根壽子、小杉義男、藤輪欣司、三田國夫、進藤英太郎、山田長正、伊東薫、小高まさる

農家の娘・秀子(高峰)は姉・節子(山根)のように赤十字の看護婦となってお国の役に立ちたいと、休暇で帰郷した姉に志望を伝えるが、弟や両親の世話をすることもご奉公だと諭される。そして、隣家の青年との結婚話もあった姉は大陸で従軍するため故郷を旅立つ。静岡を舞台とする原作から変更して、小豆島でロケ撮影を行なった。

釣鐘草(59分・35mm・白黒)

1940(東宝映画・東京)(出)高峰秀子(弓子)(監)石田民三(原)吉屋信子(脚)八住利雄(撮)唐沢弘光(美)北辰雄(音)飯田信夫(出)小高たかし、澤村貞子、高堂國典、御橋公、河田京子、北澤彪、清水美佐子、林喜美子

『花つみ日記』の好評を受け企画された、石田民三とのコンビによる吉屋信子原作もの。「女学生のバイブル」と称された『花物語』の一篇をもとに少女の家族愛を描き、高峰が歌った主題歌もヒットした。家庭の事情から弓子(高峰)は幼い弟・雄吉(小高)の母親代わりになろうと決意し、早く自活するため師範学校に進学するが…。


5阿片戰爭(115分・35mm・白黒)

  • 2024年4月12日(金) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月30日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月3日(金) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1943(東宝映画)(出)髙峰秀子(麗蘭)(監)マキノ正博(原)松﨑啓次(脚)小國英雄(撮)小原讓治(美)久保一雄(音)服部良一(出)市川猿之助、河津清三郎、小杉義男、清川荘司、菅井一郎、進藤英太郎、淺田健三、山本礼三郎、丸山定夫、原節子、鈴木傳明

NEW

D・W・グリフィス監督の大作『嵐の孤児』(1921)を大胆に翻案した戦争スペクタクル映画。英国支配下の中国における愛蘭(原)と麗蘭(高峰)姉妹の受難を通して「大東亜共栄圏」建設を訴えた国策映画ながら、とりわけ盲目のヒロインに扮した高峰が阿片窟で儚げに歌うシーンで、若きスター俳優の魅力が引き出されている。


6花ひらく 眞知子より(85分・35mm・白黒)

  • 2024年4月18日(木) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月26日(金) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月3日(金) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1948(新東宝)(出)高峰秀子(曽根眞知子)(監)市川崑(原)野上彌生子(脚)八住利雄(撮)小原讓治(美)河野鷹思(音)早坂文雄(出)上原謙、藤田進、吉川満子、三村秀子、田中春男、村田知英子、水原久美子、春山葉子、伊達里子

野上弥生子の長篇小説『眞知子』をもとに、新しく進歩的な生き方を求める女性の苦悩を描いたメロドラマ。東宝の助監督時代から高峰宅に下宿し、新東宝で監督に昇進した市川崑の長篇デビュー作。高峰は、学生運動の活動家(上原)に惹かれるも、やがて裏切られるブルジョア出身の令嬢役を演じている。


7銀座カンカン娘(67分・35mm・白黒)

  • 2024年4月12日(金) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月21日(日) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1949(新東宝)(出)高峰秀子(お秋)(監)島耕二(脚)中田晴康、山本嘉次郎(撮)三村明(美)河野鷹思(音)服部良一(出)灰田勝彦、笠置シヅ子、古今亭志ん生、岸井明、服部早苗、浦辺粂子、松尾文人、三村秀子

ブギの女王・笠置シヅ子と高峰の共演で、ヒット曲「銀座カンカン娘」を呼び物にしたミュージカル仕立ての喜劇映画。画家志望のお秋(高峰)は学費を得るために銀座のバーを歌い歩く。所々に挿入されるギャグなどには、かつてのP.C.L.調を思わせる明朗なトーンが認められ、五代目古今亭志ん生の十八番「元帳(替り目)」もたっぷり聴かせてくれる。


8宗方姉妹(112分・35mm・白黒)

  • 2024年4月10日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月13日(土) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月26日(金) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1950(新東宝)(出)高峰秀子(宗方満里子)(監・脚)小津安二郎(原)大佛次郎(脚)野田高梧(撮)小原讓治(美)下河原友雄(音)齋藤一郎(出)田中絹代、上原謙、笠智衆、山村聰、高杉早苗

満里子(高峰)は姉・節子(田中)が夫(山村)とうまくいかないのを見かね、姉に離婚を勧めるが…。小津安二郎が初めて松竹を離れて撮った作品。『東京の合唱』(1931)以来となる小津作品で高峰は徳川夢声を真似たといわれる一人芝居のシーンをはじめ、軽妙かつ自在な演技を積み重ね、物語世界に生気を吹き込む。小津は「勘が鋭い女優」と高峰の演技力や素質を高く評価していた。


9朝の波紋(103分・35mm・白黒)

  • 2024年4月10日(水) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月21日(日) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月2日(木) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1952(スタヂオ・エイト・プロ)(出)高峰秀子(瀧本篤子)(監)五所平之助(原)髙見順(脚)館岡謙之助(撮)三浦光雄(美)進藤誠吾(音)齊藤一郎(出)池部良、岡田英次、岡本克政、沼田曜一、香川京子、三宅邦子、高田稔、滝花久子

6ヵ月間のパリ滞在から帰国後の復帰第1作。貿易会社の敏腕秘書・篤子(高峰)は大手商社の営業部員(池部)をライバル視するが、やがて惹かれあう。高見順の新聞連載小説を映画化し、戦後復興期の東京を舞台として機敏に働く新しい女性像を中心に個性豊かな人物たちを魅力的に描く。


10稲妻(87分・35mm・白黒)

  • 2024年4月11日(木) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月13日(土) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月19日(金) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1952(大映東京)(出)高峰秀子(小森清子)(監)成瀨巳喜男(原)林芙美子(脚)田中澄江(撮)峰重義(美)仲美喜雄(音)齊藤一郎(出)三浦光子、香川京子、村田知英子、根上淳、小澤榮、浦辺粂子、中北千枝子

4人の子がいずれも父親の違う複雑な家庭。その末娘として生まれたバスガイドの清子を演じた高峰は、家族関係のもつれに嫌気がさし、脱出を図る主体的なヒロインを好演している。林芙美子の原作の舞台を戦後に置き換え、清子の視点を中心にした物語へと田中澄江が脚色。本作以後、高峰は成瀬作品のヒロインとして定着していく。


11(104分・35mm・白黒)

  • 2024年4月12日(金) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月17日(水) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月20日(土) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1953(大映東京)(出)高峰秀子(お玉)(監)豊田四郎(原)森鷗外(脚)成澤昌茂(撮)三浦光雄(美)伊藤熹朔(音)團伊玖磨(出)芥川比呂志、宇野重吉、東野英治郎、飯田蝶子、田中榮三、浦邊粂子、小田切みき、三宅邦子、伊達正

森鷗外の小説の映画化で、豊田四郎にとっては停滞期を経て戦後のキャリアの足がかりとなった作品。男性の語り手が過ぎし日を振り返る原作とは異なり、成沢昌茂の脚色は高利貸しの妾となった娘・お玉(高峰)に焦点を絞り、高峰の繊細な演技を得て女性の主体性をめぐるドラマを前景化させている。


12あらくれ(120分・35mm・白黒)

  • 2024年4月9日(火) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月20日(土) 3:50 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月24日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1957(東宝)(出)髙峰秀子(お島)(監)成瀨巳喜男(原)德田秋聲(脚)水木洋子(撮)玉井正夫(美)河東安英(音)齊藤一郎(出)上原謙、森雅之、加東大介、仲代達矢、東野英治郎、岸輝子、宮口精二

親が決めた結婚を嫌がり、逃げ出した後も様々な逆境に直面する中、めげずに闘い続ける女の一代記。自然主義文学を代表する徳田秋声の原作をもとに、水木洋子が脚色。時には激情にも駆られる気丈な大正の女に扮した高峰は「自分の力で自分の運命を切りひらいてゆくたくましい女性を描きたい」と語った成瀬の意向に応えている。


13女が階段を上る時(111分・35mm・白黒)

  • 2024年4月11日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月20日(土) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月26日(金) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1960(東宝)(出・衣裳)髙峰秀子(矢代圭子)(監)成瀨巳喜男(脚)菊島隆三(撮)玉井正夫(美)中古智(音)黛敏郎(出)森雅之、団令子、仲代達矢、加東大介、中村鴈治郎、小沢栄太郎、淡路惠子、山茶花究、多々良純、藤木悠

NEW

夫に先立たれて銀座のバーで雇われマダムとして働く圭子(高峰)が、男たちに翻弄されながらも生きぬく姿を醒めた一人称のナレーションで綴る。高峰は、流されながらも酒場で生計を立てていく女の悲哀を見事に醸し出している。本作の衣裳は高峰自らが担当した。


14笛吹川(117分・35mm・白黒/特殊色彩)

  • 2024年4月14日(日) 4:10 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月23日(火) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月1日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1960(松竹大船)(出)高峰秀子(おけい)(監・脚)木下惠介(原)深沢七郎(撮)楠田浩之(美)伊藤熹朔、江崎孝坪(音)木下忠司(出)田村髙広、市川染五郎、岩下志麻、川津祐介、田中晋二、中村萬之助、渡辺文雄、加藤嘉、井川邦子、安部徹

白黒撮影したフィルムに部分着色を施し、幻想的な色彩構成で展開する時代劇。笛吹橋のたもとに住み、武田家と運命を共にする貧しい農民一家の視点から戦国時代の合戦を描いた。高峰は15 歳から老年にいたるまでの「女の一生」を演じたが、老け役のメイクでは、粘性のプラスチック材を顔に厚く塗り、竹べらで皺を彫ったという。


15山河あり(127分・35mm・白黒)

  • 2024年4月16日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月28日(日) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1962(松竹大船)(出・衣裳監督)高峰秀子(井上きしの)(監・脚)松山善三(脚)久板栄二郎(撮)楠田浩之(美)戸田重晶(重昌)(音)木下忠司(出)田村高広、桑野みゆき、久我美子、小林桂樹、石浜朗、早川保、ミッキー・カーチス、加藤嘉

ハワイへ移住した二組の日本人夫婦が、過酷な労働に従事した末、ようやく幸福な日々を手に入れるが、やがて第二次世界大戦が始まり、日米のはざまで翻弄されていく。ホノルルに別荘を借りるほどハワイに傾倒していた高峰・松山夫妻が当地の日本人移民の歴史に取材した一作。高峰は衣裳管理も兼任した。


16放浪記(123分・35mm・白黒)

  • 2024年4月9日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月14日(日) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月17日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1962(宝塚映画)(出)高峰秀子(林ふみ子)(監)成瀨巳喜男(原)林芙美子、菊田一夫(脚)井手俊郎、田中澄江(撮)安本淳(美)中古智(音)古関裕而(出)宝田明、加東大介、草笛光子、伊藤雄之助、小林桂樹、仲谷昇、田中絹代

文壇の脚光を浴びるまでの苦闘の生活を描いた林芙美子の自伝的小説を、菊田一夫の舞台版をもとに映画化。林の小説はすでに2度映画化されていたが、高峰からの提案により3度目の映画化が実現した。成瀬作品では『浮雲』(1955)と共に高峰が最も愛着を持っていた作品で、ヒロインが仕事を通して気品を帯びていく様を表現するために映画の前半ではあえて「デフォルメされた強引な演技」に徹したという。


17六條ゆきやま紬(106分・35mm・白黒)

  • 2024年4月24日(水) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月27日(土) 12:30 PM@長瀬記念ホール OZU

1965(東京映画)(出)高峰秀子(六條いね)(監・脚)松山善三(撮)岡崎宏三(美)小島基司(音)佐藤勝(出)神山繁、毛利菊枝、フランキー堺、小林桂樹、大空真弓、杉村春子、佐野周二、石山健二郎、出雲八重子、有馬昌彦、浜村純

伝統工芸の「ゆきやま紬」を織る北国の旧家に嫁いだ芸者上がりの女性が、夫の死後、閉鎖的な共同体の中で中傷にさらされながらも懸命に生きていく姿を描く。松山善三の前衛的な演出と岡崎宏三による美しい白黒撮影を得て、高峰が体現する強い意志を持つ女性像が観る者の情動に訴えかける。


18華岡青洲の妻(99分・35mm・白黒)

  • 2024年4月13日(土) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月18日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年5月1日(水) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1967(大映京都)(出)高峰秀子(於継)(監)増村保造(原)有吉佐和子(脚)新藤兼人(撮)小林節雄(美)西岡善信(音)林光(出)市川雷蔵、若尾文子、伊藤雄之助、渡辺美佐子、丹阿弥谷津子、原知佐子(解)杉村春子

江戸時代末期。麻酔の研究に没頭する青洲(市川)を独占しようと人体実験の被験者に志願する妻(若尾)と母(高峰)の凄絶な争いを描く。有吉佐和子の原作をもとに新藤兼人が繊細な人物造型を施し、増村保造が鋭利に演出。「意志と情熱」の権化である増村的ヒロインに扮した高峰は、クロースアップに頼らずともその身体や視線を通して激しい情動を雄弁に表し、画面に緊張感をみなぎらせる。


19スリランカの愛と別れ(115分・35mm・カラー)

  • 2024年4月16日(火) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月27日(土) 3:30 PM@長瀬記念ホール OZU

1976(東宝映画=俳優座)(出)高峰秀子(ジャカランタ夫人)(監・原・脚)木下恵介(撮)中井朝一(美)村木与四郎(音)木下忠司(出)北大路欣也、栗原小巻、小林桂樹、津島恵子、小野川公三郎、片桐進、太田博之、ニランジャン・ペレラ

スリランカとモルディブを舞台に、工場設立のためにやってきた水産会社の社員(北大路)と宝石の買い付けにきた女(栗原)の恋愛など、4つの恋のエピソードを綴る。高峰は陰のある謎めいた雰囲気の大富豪、ジャカランタ夫人という貫禄ある役を演じ、作品に奥行きを与えている。


20衝動殺人 息子よ(130分・35mm・カラー)

  • 2024年4月23日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2024年4月27日(土) 6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

1979(松竹=東京放送)(出)高峰秀子(川瀬雪枝)(監・脚)木下惠介(原)佐藤秀郎(脚)砂田量爾(撮)岡崎宏三(美)重田重盛(音)木下忠司(出)若山富三郎、田中健、大竹しのぶ、尾藤イサオ、高岡健二、田村高廣、中村玉緒、近藤正臣、藤田まこと、吉永小百合、加藤剛

息子を殺害され、被害者遺族の権利獲得のために奔走する男性を取材した佐藤秀郎のノンフィクションの映画化。若山富三郎が多数の演技賞を受賞したが、夫と共に苦闘する母親に扮した高峰の品格ある演技も見逃せない。当時の高峰はすでに引退状態にあったが、木下惠介に懇願され、これが最後の出演作となった。


■チケットのオンライン発売は各上映日の3日前正午からとなります。
■チケットのオンライン完売情報は、公式チケットサイトにてご確認ください。
■各回の開映後の入場はできません。予告篇はなく、本篇から上映します。


 

2024年4月9日(火)

11:00 AM 開館

2024年4月9日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
16放浪記(123分)
2024年4月9日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
12あらくれ(120分)

2024年4月10日(水)

11:00 AM 開館

2024年4月10日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
8宗方姉妹(112分)
2024年4月10日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
9朝の波紋(103分)

2024年4月11日(木)

11:00 AM 開館

2024年4月11日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月11日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
10稲妻(87分)

2024年4月12日(金)

11:00 AM 開館

2024年4月12日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
11(104分)
2024年4月12日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月12日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
5阿片戰爭(115分)

2024年4月13日(土)

11:00 AM 開館

2024年4月13日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
8宗方姉妹(112分)
2024年4月13日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
10稲妻(87分)
2024年4月13日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
18華岡青洲の妻(99分)

2024年4月14日(日)

11:00 AM 開館

2024年4月14日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
16放浪記(123分)
2024年4月14日4:10 PM@長瀬記念ホール OZU
14笛吹川(117分)

2024年4月16日(火)

11:00 AM 開館

2024年4月16日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
15山河あり(127分)
2024年4月16日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年4月17日(水)

11:00 AM 開館

2024年4月17日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
16放浪記(123分)
2024年4月17日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
11(104分)

2024年4月18日(木)

11:00 AM 開館

2024年4月18日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
18華岡青洲の妻(99分)
2024年4月18日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年4月19日(金)

11:00 AM 開館

2024年4月19日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
10稲妻(87分)
2024年4月19日3:40 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月19日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
3花つみ日記(72分)

2024年4月20日(土)

11:00 AM 開館

2024年4月20日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
11(104分)
2024年4月20日3:50 PM@長瀬記念ホール OZU
12あらくれ(120分)
2024年4月20日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年4月21日(日)

11:00 AM 開館

2024年4月21日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月21日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
9朝の波紋(103分)

2024年4月23日(火)

11:00 AM 開館

2024年4月23日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月23日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
14笛吹川(117分)

2024年4月24日(水)

11:00 AM 開館

2024年4月24日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
12あらくれ(120分)
2024年4月24日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年4月25日(木)

11:00 AM 開館

2024年4月25日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月25日6:40 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年4月26日(金)

11:00 AM 開館

2024年4月26日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月26日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月26日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
8宗方姉妹(112分)

2024年4月27日(土)

11:00 AM 開館

2024年4月27日12:30 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月27日3:30 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月27日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年4月28日(日)

11:00 AM 開館

2024年4月28日12:30 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年4月28日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
15山河あり(127分)

2024年4月30日(火)

11:00 AM 開館

2024年4月30日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
5阿片戰爭(115分)
2024年4月30日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
3花つみ日記(72分)

2024年5月1日(水)

11:00 AM 開館

2024年5月1日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
14笛吹川(117分)
2024年5月1日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
18華岡青洲の妻(99分)

2024年5月2日(木)

11:00 AM 開館

2024年5月2日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年5月2日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年5月3日(金)

11:00 AM 開館

2024年5月3日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年5月3日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年5月4日(土)

11:00 AM 開館

2024年5月4日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年5月4日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2024年5月5日(日)

11:00 AM 開館

2024年5月5日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2024年5月5日3:40 PM@長瀬記念ホール OZU

  一般 高校・大学生・
65歳以上
小・中学生 障害者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)・キャンパスメンバーズ
チケット料金 520円 310円 100円 無料
オンライン販売 各上映日の3日前正午から各上映回の開映15分前まで
窓口販売(1F) 各上映回の開映1時間前から5分前まで若干数販売(座席選択不可)

 

電子チケット購入方法
1. 本ホームページの上映日時(チケット購入)からご覧になりたい上映日時の「チケット購入」ボタンを選択。
2. 座席と券種を選択。
3. メールアドレスやクレジットカードまたはd払いの情報等必要事項を入力。
4. 申込が完了しますと、3. で入力したメールアドレスにQRコード付きのチケットが届きます。

・etix.comからのメールを受信できるよう予め設定をお願いします。
・申込済みチケットの照会はこちらの「申込済みチケット照会」を選択ください。
・詳しい購入手順の説明はこちら(PDF)をご参照ください。
・チケット購入方法についての「よくあるご質問」はこちらをご覧ください。
未就学児、優待の方は「障害者手帳をお持ちの方または付添者等券」をお求めください。

入場方法
・チケットのQRコードをスマホ画面、または印刷紙面でご提示ください。
・学生、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方、国立美術館のキャンパスメンバーズ、優待の方は証明できるものをご提示ください。ご提示のない方はご入場できません。
・料金区分の違うチケットでは入場できません。差額のお支払で観覧することはできません。
各回の開映後の入場はできません。予告篇はございません。
・開場は開映30分前です。

ご注意ください!
・特集名、作品名は電子チケットに表示されませんので、お間違いないようご購入、ご提示ください。
・窓口でご購入いただける当日券は各回1名につき1枚のみです。
・チケットのオンライン完売情報は、公式チケットサイトにてご確認ください。