開催予定のイベント

  • 2019.10.26
  • ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント

日メコン交流年2019『日本の娘』デジタル復元版上映会(仮)

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント 日メコン交流年2019『日本の娘』デジタル復元版上映会(仮)

 国立映画アーカイブでは、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が定めた「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念して毎年特別イベントを開催しています。
 日メコン交流年2019にあたる本年は、来年のミャンマー映画生誕100年にむけて、国立映画アーカイブが所蔵する日ミャンマー初の合作映画『日本の娘』(1935年、監督:ニイプ、共同監督:枝正義郎 他)をデジタル復元し、そのプレミア上映とトークイベントを開催することに決定しました。トークイベントにはミャンマーから本デジタル復元プロジェクト関係者を招聘する予定です。本国では失われていた本作がデジタル復元で甦り、本上映後に里帰り上映会も開催される予定です。

★本イベントの詳細は、決まり次第発表致します。

 

2019年10月26日(土)

会場:国立映画アーカイブ[2階] 長瀬記念ホール OZU

主催:文化庁、国立映画アーカイブ

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)

映画フィルム、テレビ番組、様々な録音・録画物などの視聴覚遺産を保存し安全保護する事業や活動を推進し、その重要さを啓蒙するために、ユネスコが2006年に定めた国際記念日。ユネスコに属する視聴覚保存機関連絡協議会(CCAAA)での決定を受けて2007年から世界で実施されている。なお、10月27日は、1980年ベオグラードで「映像の保護及び保存に関するユネスコ勧告」が採択された日。国立映画アーカイブが加盟している国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)でも、連盟をあげてこの日を祝うことを決定し、世界中の会員機関が記念イベントなどの事業に取り組んでいる。

Engage the past through sounds and images
よみがえる過去、音と映像の力

*ユネスコの視聴覚保存機関連絡協議会(CCAAA)による世界視聴覚遺産の日2019年の標語

 

日本の娘

1935年(A1フィルム)85分、監督:ニイプ、共同監督:枝正義郎 他  出演: ニイプ、高尾光子、ティンペ、サンニュン

ビルマ人飛行士の兄弟(ニイプ、ティンペ)が東京-ラングーン(現ヤンゴン)間の飛行に挑み、日本人女性恵美子(高尾光子)の面影を胸に飛び立つ。

Nippon_no Musume_02

【解説】
 「ビルマ映画の父」と呼ばれるニイプの監督兼主演による、ビルマ(現ミャンマー)の初期トーキー映画。日本のP.C.L.映画製作所が提携し、日本風物の紹介を目的にほぼ全編日本で撮影。1935年当時の東京羽田飛行場、目黒雅叙園、自動車競走大会など貴重なロケ映像が豊富に収められている。当時の報道によると、本作は「日本の娘」として1935年9月11日に本読み開始、10月18日に全9巻の完成フィルムをニイプ氏が門司港から持ち帰った。日本未公開。
 フィルムは戦後、米国から返還された接収フィルムの中から発見され、当館(旧フィルムセンター)では「にっぽんむすめ」の題で1997年、2004年の企画上映で計6回上映(日本語字幕無)したが、今回初の復元となる。復元に伴う調査の結果、題名も日本の映画史に記録されている『日本の娘』に修正することとした。

■記載した上映分数は、当日のものと多少異なることがあります。
  


関連キーワード