NFAJ Digital Gallery – No.20

公開日:2020年3月27日

第20回 澤村四郎五郎コレクション(1)

第11回から第19回まで続いた「無声期日本映画のスチル写真」シリーズを一旦お休みして、第20回では、「澤村四郎五郎コレクション」シリーズ(1)として、『五郎正宗孝子傳』(1915年、天活、監督:枝正義郎)の脚本をご紹介します。脚本は、澤村四郎五郎のご遺族より映画フィルムと共に寄贈されたもので、当館の7F展示室内の常設展「NFAJコレクションでみる 日本映画の歴史」では、デジタル化した映画フィルムの一部がご覧いただけます。当館へご来館いただける機会に、ぜひ脚本と併せて、草創期の映画スター・澤村四郎五郎の演技もお楽しみください。

 脚本/Script

 『五郎正宗孝子傳(銘刀鍛冶孝子美談 五郎正宗)』脚本  (1915年)

 Script of Goromasamune Koshiden

 製作:天活、監督:枝正義郎 Production co: Tenkatsu, Director: Yoshiro Edamasa

表紙画像をクリックすると、資料の全頁がPDFで閲覧頂けます。