23$s

映画アーカイブにおける長期保存システムの調査研究

東京国立近代美術館フィルムセンター(以下「フィルムセンター」)では、近年、映画フィルムのデジタル化やデジタル修復等の研究事業をすすめています。

平成28年度、BDCプロジェクトではそれらの作業行程で生成される各種デジタルデータの長期保存のための調査研究を、株式会社エヌ・ティ・ティ・データに委託研究という形で実施しました。

 

本ブログでは、調査研究の内容を概観するとともに、調査研究にて作成された報告書の本編を紹介したいと思います。 続きを読む


BDCプロジェクトレポート第5回更新

BDCプロジェクトレポート第5回:映画の長期保存と活用を目的としたシステムの可能性とコミュニティの重要性、を更新致しました。

今回のプロジェクトレポートは、BDCプロジェクトにて「持続可能なデジタルアーカイブシステム」の構築にむけた調査研究を実施し、見えてきた課題と「コミュニティ」の重要性をご報告するものになります。

関連するご報告として以下のブログ記事もご覧ください。

『映画に関する映像データの長期保存と活用を目的とした自由度の高い持続可能なシステム構築のための調査研究』について

 


情報の長期保存に有力なOAIS参照モデル 第2回(全2回)

 

前回記事に引き続き、長期に情報を維持する仕組みとして考えられたOAIS参照モデルについてご紹介します。

コンテンツ(保存対象)の意味を理解するための情報をひとまとめにした「情報パッケージ」を、どのように扱うかが内容のお話になります。

 

1.OAIS参照モデルにおけるマイグレーションの種類

OAIS参照モデルでは情報パッケージのマイグレーションの種類として4種類を記載しています。

続きを読む


情報の長期保存に有力なOAIS参照モデル 第1回(全2回)

 

今回は、長期に情報を維持する仕組みとして考えられた概念モデルについてお話したいと思います。

デジタル情報はビット情報を維持するだけでは不十分であり「将来にわたって保存対象の意味を理解できること」を保証してこそ長期的な保存が実現します。

 

1.OAIS参照モデル

OAIS参照モデル(註1)をご存じでしょうか?

OAIS参照モデル(Reference Model for an Open Archival Information System)とは情報の長期保存システムの構築に対して有力なモデルとされ、国際標準規格(ISO 14271:2003、改訂版はISO 14721:2012)になっている仕組みです。

続きを読む


23$s

「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」は文化庁の美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業です。

23$s

BDCプロジェクトはNational Research Project
for the Sustainability of Born-Digital Cinema
の略称です。

事業名は「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」です。