23$s

BDC技術セミナー その4「映画関連資料のデジタル化に関するセミナー」について

今回は、技術セミナーに関する話題の第4回、セミナーのタイトルは「映画関連資料[※1]のデジタル化に関するセミナー」です。

 

前回の記事も併せてご参照下さい)

“映画”にまつわる資料は、映画産業としての企画・製作・流通等の過程で生み出される資料や、個の映画人の生涯にわたるコレクション資料などをはじめとし、平面・立体などの形態の違いや印刷物・手書原稿・原画など様々な特性をもつといえます。近年、情報技術の発達とともに、これら資料の有効活用のためデジタル化の需要が高まっているものの、デジタル化に伴う技術事項や作業行程の効率化についての知識は、広く一般化していない状況です。

本セミナーでは、多様な映画関連資料について、国内の映画(演劇やアニメーションなどを含む)関連資料を扱う組織の事例紹介をはじめとし、デジタル化の目的や資料特性などに応じた技術事項や作業行程の解説などを通じ、資料デジタル化全般について学ぶための機会を設けました。

事例紹介をいただいた組織からの発表資料を含め、テキストは以下からダウンロードできます。

 

bdcseminarH29_2_main_d

「映画関連資料のデジタル化に関するセミナー」

 

bdcseminarH29_2_production-ig_d

「事例紹介 プロダクション・アイジー」

 bdcseminarH29_2_waseda_d

「事例紹介 早稲田大学演劇博物館」

 

bdcseminarH29_2_shochiku-otani-toshokan_d

「事例紹介 松竹大谷図書館」

 

※1 ここでの当館所蔵の映画関連資料とは、映画フィルムや音声素材、ビデオ素材を除く資料を指します

 

(TN)


23$s

「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」は文化庁の美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業です。

23$s

BDCプロジェクトはNational Research Project
for the Sustainability of Born-Digital Cinema
の略称です。

事業名は「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」です。