映画製作専門家養成講座

 映画製作専門家養成講座は、1997(平成9)年度から2004(平成16)年度まで実施した事業です。
 当時、映画産業の縮小や非フィルム映像産業の拡大につれて、日本映画の豊かな歴史を支えてきた優れた技芸の一部が過去のものとなる傾向を憂える声が大きくありました。唯一の国立映画研究機関である東京国立近代美術館フィルムセンター(当時)では、映画(フィルム)をとりまくこうした技と匠が世界に誇りえる技術的文化遺産であるとの認識から、それらを次世代に正しく伝え、将来の映画人を育成すること、ならびに映画技術の発展に資することを目的に、映像製作の諸分野で助手等の現場経験を有する方などを対象に、本講座を開講しました。
 現在では、映画製作専門家の養成は、2005年に設立された特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)による映画スタッフ育成事業や、2000年代に新設された映像系学科など含めた各大学、専門学校等で行われています。

 

第1回 1997(平成9)年度 「日本映画の技と匠」(総合プロデューサー:野上照代)
1997年12月10日-12日 撮影 野上照代・岡崎宏三・原一民
1997年12月17日-19日 美術 野上照代・木村威夫・村木与四郎
1998年1月28日-30日 編集 野上照代・小川信夫・長田千鶴子
1998年2月4日-6日

録音

野上照代・橋本文雄・紅谷愃一
第2回 1998(平成10)年度 「日本映画の技と匠」(総合プロデューサー:野上照代)
1999年2月16日-17日 照明 熊谷秀夫
佐野武治・松尾民生
1999年2月18日-19日 記録 野上照代・堀北昌子・白鳥あかね
1999年2月23日-24日 衣裳 野上照代・ワダエミ・高橋靖子
1999年2月25日-26日 技髪・美粧 上田幸夫・江川悦子
1999年3月2日-3日 装飾・小道具 野上照代・神保昭治・浜村幸一
1999年3月4日-5日 特撮・視覚効果 関口芳則・小川利弘
第3回 1999(平成11)年度 「日本映画の技と匠」(総合プロデューサー:白鳥あかね)

2000年2月8日-9日

監督 蔵原惟繕・深作欣二
2000年2月10日-11日 脚本 新藤兼人・鈴木尚之
2000年2月15日-16日 音楽 山本直純・真鍋理一郎
2000年2月17日-18日 製作 岡本みね子・岡田裕
第4回 2000(平成12)年度  「高村倉太郎とその仲間たち」(総合プロデューサー:高村倉太郎)
2001年2月6日 高村倉太郎(撮影)・丸池納(撮影)
2001年2月7日 高村倉太郎(撮影)・西河克己(監督)
2001年2月8日 高村倉太郎(撮影)・田中登(監督)・熊谷秀夫(照明)
2001年2月9日 高村倉太郎(撮影)・中村公彦(美術)
第5回 2001(平成13)年度 「川又昻とその仲間たち」(総合プロデューサー:川又昻)
2002年2月13日 川又昻(撮影)・斎藤武市(監督)
2002年2月14日 川又昻(撮影)・長部日出雄(作家)・水川淳三(監督)
2002年2月15日 川又昻(撮影)・木村大作(撮影)・佐々木原保志(撮影)
2002年2月16日 川又昻(撮影)・稲垣尚夫(美術)・紅谷愃一(録音)
第6回 2002(平成14)年度 「岡崎宏三とその仲間たち」(総合プロデューサー:岡崎宏三) 要項
2003年2月26日 岡崎宏三(撮影)「師・青島順一郎と戦前の撮影術」採録(2021/4/8更新)
2003年2月27日 岡崎宏三(撮影)・奥村祐治(撮影)・小川利弘(現像)
2003年2月28日 岡崎宏三(撮影)・秦幸三郎(監督)
2003年3月1日 岡崎宏三(撮影)・大岡新一(撮影)
第7回 2003(平成15)年度 「撮影技術~伝承のかたち」(コーディネーター:宮澤誠一)
2004年3月10日 宮澤誠一・近森眞史(撮影)・朝原雄三(監督)
2004年3月11日 栢野直樹(撮影)
2004年3月12日 藤石修(撮影)
2004年3月13日 宮澤誠一・奥原一男(撮影)
第8回 2004(平成16)年度 「撮影技術~伝承のかたち2」(コーディネーター:宮澤誠一)
2005年3月9日 宮澤誠一・長沼六男(撮影)
2005年3月10日 宮澤誠一・長沼六男(撮影)
2005年3月11日 宮澤誠一・安藤庄平(撮影)
2005年3月12日 宮澤誠一・川上皓市(撮影)

 

国立映画アーカイブ

〒104-0031
東京都中央区京橋 3-7-6

お問い合わせ(9時~20時)
ハローダイヤル
050-5541-8600

アクセス

本日、5月13日は休館日です

国立映画アーカイブ先付け映像『Archive of Lights』
作者 山村浩二
(ロゴ:作者 鈴木一誌)