2021年5月の新着図書紹介

2021年5月の新着図書紹介

特撮の空:島倉二千六、背景画の世界 島倉 二千六 (著)

出版者: ホビージャパン
ISBN-13:9784798623399
発行日: 2021/3

   

[目次]

島倉二千六ギャラリー
・特撮の空
・本編の空
・現場レポートと写真で辿る、背景画のできるまで
・展示施設の仕事
・背景画家人生を振り返るロングインタビュー
・特撮関係者が語る、島倉二千六
・特別コラム 文・三池敏夫

 

 

 

 

都会喜劇と戦後民主主義:占領期の日本映画における和製ロマンチック・コメディ 具 珉婀 (著)

出版者: 水声社  
ISBN-13:978-4801005358
発行日: 2021/1

 

 [目次]

序章 占領期と都会喜劇
第一章 占領期の言説における都会喜劇
第二章 ジャンルとしての都会喜劇
第三章 社会統合のユートピア
第四章 欲望と不安の交錯
終章 歴史的カテゴリーとしての都会喜劇

参考文献
参考映画作品
あとがき

 

 

 

 

 

侯孝賢と私の台湾ニューシネマ 朱 天文 (著), 樋口 裕子, 小坂 史子 (編訳)

出版者: 竹書房社   
ISBN-13:978-4801926103

発行日: 2021/4

 

 

[目次]

まえがき
第一章 侯孝賢と歩んだ台湾ニューシネマ時代
第二章 写真が語るあの時この想い
第三章 侯孝賢を語る・侯孝賢と語る
本書に登場する台湾ニューシネマの重要人物
年表
台湾ニューシネマとは何だったのか。(宇田川幸洋)
編訳者あとがき
朱天文 家族の肖像
初出一覧

 

 

 

香港映画100の情景:輝く世界と自由な記憶 林 加奈子, 美山 恵子 (著)

出版者: 言視舎
ISBN: 978-865651980
発行日: 2021/
3

 

 

[目次]

第1章 ノーマンからユエンリンまで
第2章 武侠映画からコメディ映画まで
第3章 チョウ・ユンファからラブ・ロマンス映画まで
第4章 アン・ホイからフルーツ・チャンまで
第5章 香港ノワール映画からジョニー・トーまで
あとがき
本書に登場する主な作品

 

 

 

 

物語としてのドイツ映画史:ドイツ映画の10の相貌 瀬川 裕司 (著)

出版者: 明治大学出版会
ISBN: 978-4906811298

発行日: 2021/3

 

 

[目次]


第1章 ドイツ映画の誕生物語
第2章 ドイツ映画と“神話的なもの”
第3章 戦前のドイツ映画における首都ベルリン
第4章 ファシズム政権下の“異国映画”
第5章 冷戦と東西ドイツ映画
第6章 “挫折”と“俗悪”の美学
第7章 ファスビンダーとラープ
第8章 ヴェンダースとハントケ
第9章 ドイツ映画はヒトラーおよびナチ時代をどう描いてきたか
第10章 二〇〇〇年以降のドイツ映画
映画原題・監督名一覧

 

 

 

 

ロック映画ポスター ヴィンテージ・コレクション: ポスター・アートで見るロックスターの肖像 井上 由一 (編)

出版者: DU BOOKS
ISBN:978-4866471426
発行日: 2021/3

 

 

[目次]

序文:アレックス・コックス
はじめに
ビートルズ
ポール・マッカートニー
ジョン・レノン
ジョージ・ハリスン
ローリング・ストーンズ
ミック・ジャガー
デヴィッド・ボウイ
ボブ・ディラン
ピンク・フロイド
ザ・フー [ほか]
その他のアーティスト出演映画&ロック映画傑作選
コンサート&ドキュメンタリーフィルム名作選
コラム
INDEX
さいごに

 

 

ロバート・アルトマンを聴く:映画音響の物語学 山本 祐輝 (著)

出版者: せりか書房
ISBN:978-4796703895
発行日: 2021/2

 

 

 

[目次]

序章 “初期アルトマン映画”とは何か
第1章 葛藤の音を聴く
第2章 映画の“混成的な語り”
第3章 交錯する複数の世界
第4章 批評的アダプテーションと語り
第5章 “潜在的な物語”を語る音
第6章 ステレオのパラドクス
終章 “再生すること
初出一覧
フィルモグラフィ
引用文献・映像資料一覧
あとがき
索引