開催予定の展示

  • 2019.9.7 - 12.1
    *月曜日、9月23日(月・祝)~30日(月)は休室です。
  • 展示企画

映画雑誌の秘かな愉しみ

The Discreet Charm of Film Magazines

概要

会場:
国立映画アーカイブ 展示室(7階)
会期:
2019年9月7日(土)-12月1日(日)
開室時間:
11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)
*毎月末金曜日は11:00am-8:00pm(入室は7:30pmまで)
休室日:
月曜日、9月23日(月・祝)~30日(月)は休室です。

観覧料:
一般250円(200円)/大学生130円(60円)/シニア・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。
*2019年11月3日(日・祝)「文化の日」は、展示を無料でご覧いただけます。
主催:
国立映画アーカイブ
協力:
群馬県太田市立新田図書館

明治時代発行の「活動写真界」や、
100年前に創刊された「キネマ旬報」創刊号など、
貴重な日本の映画雑誌を多数展示!

「キネマ旬報」1919年7月11日創刊号
群馬県太田市立新田図書館所蔵

本年は、現存する日本初の映画雑誌「活動写真界」の創刊(1909年)から110年、そして現在も続く「キネマ旬報」の創刊(1919年)から100年の節目を迎えます。そこで国立映画アーカイブでは、映画の本をテーマにした「シネマブックの秘かな愉しみ」展(2015年)に続き、映画雑誌の豊かな歴史に焦点を当てた展覧会を開催いたします。

映画が新しい視覚メディアとして普及し始めた明治末期以来、その発達と歩を合わせながら、広範な話題を提供する総合誌、スターや映画会社のファン雑誌、映画の言論空間となった評論誌、製作や興行の動向を伝える業界誌、そして特定の主題に焦点を絞った専門誌など、あまたの雑誌が生み出されてきました。ページを開けば、どの時代の雑誌の誌面にも、映画に対する読者の愛情と書き手の情熱、そして編集者たちの志を認めることができるでしょう。

インターネットの普及が情報伝達のあり方を大きく変えた今日、映画雑誌は転機を迎えています。しかし、長い年月の中で培われてきた映画雑誌の役割やスタイルは、様々な変遷を経ながら、今も確実に生き続けています。この展覧会では、明治・大正期から近年まで、多種多様な日本の映画雑誌を展示いたします。先人たちが情熱を傾け、試行錯誤しながら積み重ねてきた映画雑誌の歴史に触れることで、多くの方々が映画の愉しみを再発見する機会となれば幸いです。

「活動写真界」1911年11月(第26号)

「キネマ・レコード」1916年11月号

「活動写真雑誌」1915年12月号

「映画時代 アラモード」1932年3月号  

    「スタア」1940年11月下旬最終号

「スクリーン」1946年5月創刊号

「季刊フィルム」1968年10月創刊号

「映画批評」1970年10月創刊号

「ロードショー」1972年5月創刊号

「アニメージュ」1978年7月創刊号

「映画秘宝」1995年7月(第1号)

出品リスト

※準備中です

トークイベント 映画雑誌小講座

※申込不要、参加無料(展示室内で開催のトークは、観覧券が必要です)
※時間・場所は決まり次第、HP・SNS等でお知らせいたします。

日本の映画雑誌事始め

開催日:2019年9月21日(土)

[トーク]  本地陽彦(国立映画アーカイブ客員研究員)


戦後、映画雑誌の黄金時代をめぐって

開催日:2019年10月19日(土)

[対談]  佐藤忠男(映画評論家・日本映画大学名誉学長)× 高崎俊夫(書籍編集者・映画評論家)


いま、映画雑誌とは

開催日:2019年11月16日(土)

[対談] 田野辺尚人(「別冊映画秘宝」編集長)×平嶋洋一(株式会社キネマ旬報DD エディター)