過去のイベント

  • 2020.1.30

NFAJ&J.S.A. アーカイブセミナー

概要

映画表現と音 NAGRAⅢ型による同時録音の表現

主 催:国立映画アーカイブ、協同組合日本映画・テレビ録音協会

開催日時:2020年1月30日(木)12:30pm開始 [12:00pm開場] *5:00pm終了予定
会場:国立映画アーカイブ 小ホール(地下1階)
定員:151名(申込先着順)
参加費:無料

※事前申込制です。
お申込の詳細はこちらのページから。

 

 NFAJアーカイブセミナーでは、デジタルでの映画制作や上映が主流となった現在において、フィルム映画を適正に保存し映画文化を継承していくうえで必要な、公開当時のオリジナルの映像や音の保存と復元について考察してきました。今回は、協同組合日本映画・テレビ録音協会が長年開催してきた技術セミナーを共同で開催し、映画の音の生成と映画表現について、撮影時に使用した機材の特性の観点を交えて考察します。
 今回とりあげるNAGRAⅢ型は、同時録音の同期性と音質に革新をもたらし、映画における映像と音の表現の可能性を大きく広げた録音機です。セミナーでは、このNAGRAⅢ型が導入された『神々の深き欲望』(1968年、今村プロダクション、今村昌平監督、174分)の鑑賞を通して音表現を理解した後、録音技師・紅谷愃一氏から制作談を伺います。NAGRAⅢ型の登場によって可能となった映画における音表現の試みと特質を理解する、貴重な機会となることでしょう。

 映画アーカイブに関心をお持ちの方や関係者、映画人ならびに技術者の皆さまのご参加をお待ちしています。

 

登壇者:紅谷愃一(『神々の深き欲望』録音担当)
    志満順一(協同組合日本映画・テレビ録音協会専務理事)
    小野寺修(協同組合日本映画・テレビ録音協会理事長)

 

令和元年度美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業

申込方法

申込フォームに必要事項をご記入の上、お申込ください。原則、お申込後1週間以内に受付票をメールにてお送りいたします。受付票の送付をもって申込受付完了となります。定員に達し次第しめきります。申込締切は1月29日(水)(必着)です。

※申込は締め切りました。

 

入場方法

★当日の会場への入場は先着順です。受付・開場は開始30分前から行います。プリントアウトをした受付票(もしくは携帯画面)ご提示の上、参加券とお引換ください。参加券は当日・当該回のみ有効です。

注意事項

お申込の方に自動返信および受付票をメールでお送りします。パソコン・携帯でのドメイン設定で@nfaj.go.jpを受信可能にして頂きますようお願いいたします。

お申込の際にいただきます個人情報は、「NFAJ&J.S.A. アーカイブセミナー」に関するご案内の目的のみに利用することとし、第三者への提供は行いません。

 

国立映画アーカイブ

〒104-0031
東京都中央区京橋 3-7-6

お問い合わせ(8時~22時)
ハローダイヤル
03-5777-8600

アクセス

本日、2月17日は休館日です

国立映画アーカイブ先付け映像『Archive of Lights』
作者 山村浩二
(ロゴ:作者 鈴木一誌)