過去の上映

  • 2021.1.5 - 1.31、2.9 - 2.14
    ●緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、1月14日(木)~29日(金)の平日夜の回の上映を中止いたします。上映が中止となった回では、前売指定席券の全席払い戻しを行います。本券は振替上映の際も使用できません。また、上映実施回でも、新型コロナウイルス感染拡大を受け、ご鑑賞をおやめになったお客様を対象に、会期終了後、前売指定席券の払い戻し(チケット代金/発券手数料)を行います。
    ●上映の感染症予防の対策およびご来館の皆様へのお願いにつきましては、当該ページ「新型コロナウイルス感染症拡大防止策」をご覧ください。
  • 上映企画

中国映画の展開
――サイレント期から第五世代まで

Tracing the Chinese Cinema: from the Silent Era to the Fifth Generation

 

会 期 2021年1月5日(火)-1月31日(日)、2月9日(火)-2月14日(日)※1/19(火)更新

    会期中の休館日:月曜日

会 場 長瀬記念ホール OZU(2階)

定 員 310名155名 1月12日よ(各回入替制・全席指定席
    伴奏付上映の日は301名150名
    
※1/8(金)更新

主 催 国立映画アーカイブ、中国電影資料館

協 力 株式会社橋本ピアノ

 

 

 

※ 前売指定席券のページはこちらをご覧ください。

重要なお知らせ ※1/29(金)更新
・払い戻し:緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、1月14日(木)~29日(金)の平日夜の回の上映を中止いたします。

上映中止の回 1月14日(木)-15日(金)、19日(火)-22日(金)、26日(火)-29日(金)の7:00pmの回

上映中止の回では、会期終了後に前売指定席券の全席払い戻し(チケット代金/発券手数料)を行います。また、上映実施回でも新型コロナウイルス感染拡大を受けご鑑賞をおやめになったお客様、来館時の検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認されたお客様を対象に前売指定席券の払い戻しを行います。
払い戻しの詳細こちらをご覧ください。

・振替上映:上記の回につきまして2月9日(火)-2月14日(日)に振替上映を行います。振替上映では、中止回および同一作品のチケットは使用できません。
振替上映の詳細こちらをご覧ください。

・定員:1月12日(火)より長瀬記念ホールOZUでの収容率50%・定員155名として上映しています。収容率50%とするため、1月12日(火)-1月31日(日)の上映回では前方列の新規販売を停止しています(チケットぴあのオンライン座席図では、販売対象外とした座席が販売済座席と同じ色で表示されます)。
観客席の密集を避けるため、上映開始直前に、前方列を中心に空いている列への席のご移動にご協力ください(1月31日(日)までの処置です)

・マスク着用のない方の入館をお断りします。

・来館者全員に検温を行います。37.5℃以上の方は入館をお断りいたします。

・各回の開映後の入場はできません。

・会場でのチケット販売はございません。障害者(付添者は原則1名まで)、

 国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズの方も前売指定席券をお求めください。

 

概要

NFAJプログラムNo.26
↑PDF版でもご覧いただけます

 市場開放と経済成長により、今や北米と肩を並べる世界有数の市場規模となった中国映画。しかし20世紀におけるその道のりは、戦争と革命に揺れ動き続けた中国社会の歩みと同様、決して平坦なものではありませんでした。中国映画の作り手たちは、日中戦争(1937-45)や国共内戦(1946-50)を始め、中華人民共和国の建国(1949)以降も、反右派闘争(1957-58)や文化大革命(1966-76)といった社会的な大変動に直面しながら、またその時々の製作上の制限と葛藤しながら、社会や個人に迫る矛盾や困難を観察・記録し、物語として昇華させ、映像を紡いできました。
 本企画は、中国電影資料館との共同により、サイレント期から「第五世代」までの中国映画の名作や代表作を上映し、その歴史を回顧する試みです。現存最古の作品『八百屋の恋』(1922)から、上海を中心に先進的な映画文化が花開いた1930年代の数々の名作、戦争の傷跡と新中国建設への希望を描いた1940年代後半から50年代にかけての作品、産業が拡大と発展を遂げ謝晋シェ・チン監督らが台頭した1950年代後半から1960年代前半の作品、そして1980年代に出現し世界に中国映画の素晴らしさを知らしめた第五世代の作品まで、上海アニメーション作品や舞台劇映画といった独特のジャンルも交えながら、計29作品(24プログラム)を上映します。会期中には、サイレント映画のピアノ伴奏付き上映も予定しています。中国や中国映画に関心を持つ多くの皆様のご来場をお待ち申し上げます。

上映作品には、元素材に由来する画質の不良や音声ノイズを部分的に含んでいるものがあります。
とくに、『八千里の雲と月』では全篇にわたってノイズ音が、また『舞台の姉妹』では断続的な小さなノイズ音に加えて、複数個所で低音の比較的大きなノイズ音が数分続きます。予めご了承ください。

 

上映作品には、元素材に由来する画質の不良や音声ノイズを部分的に含んでいるものがあります。
とくに、『八千里の雲と月』では全篇にわたってノイズ音が、また『舞台の姉妹』では断続的な小さなノイズ音に加えて、複数個所で低音の比較的大きなノイズ音が数分続きます。予めご了承ください。

■すべての作品に日本語字幕が付いています。
■(監)=監督・演出 (原)=原作・原案 (脚)=脚本・脚色 (撮)=撮影 (美)=美術 (音)=音楽 (出)=出演
■記載した上映分数は、当日のものと多少異なることがあります。
■特集には不完全なプリントや状態の悪いプリントが含まれていることがあります。

印の回は伴奏付で上映します。

1.八百屋の恋 他 (計133分) 2.女神 (82分・1934・聯華影業公司上海第一製片廠・監・脚・美:呉永剛) 3.大いなる路 (109分・1935・聯華影業公司上海第二廠・監・脚:孫瑜) 4.十字路 (108分・1937・明星影片公司・監・脚:沈西苓) 5.深夜の歌声 (124分・1937・新華影業公司・監・脚:馬徐維邦) 6.木蘭従軍 (94分・1939・中国聯合影業公司華成製片廠・監:卜萬蒼) 7.八千里の雲と月 (126分・1947・聯華影芸社・監・脚:史東山) 8.田舎町の春 (98分・1948・文華影業公司・監:費穆) 9.三毛サンマオの放浪記 (73分・1949・崑崙影業股份有限公司・監:趙明、厳恭) 10.私の一生 (109分・1950・文華影片公司・監・出:石揮) 11.上饒シャンラオ収容所 (102分・1951・上海電影製片廠・監:沙蒙、張客) 12.祝福 (98分・1956・北京電影製片廠・監:桑弧) 13.上海アニメーション選集 (計102分) 14.未完成喜劇 (83分・1957・長春電影製片廠・監・脚:呂班) 15.追魚ついぎょ (93分・1959・上海天馬電影製片廠・監:応雲衛) 16.紅色娘子軍こうしょくじょうしぐん (116分・1961・天馬電影製片廠・監:謝晋) 17.雑居アパート大騒動 (84分・1963・珠江電影製片廠=香港鴻図影業公司・監・脚:王為一) 18.舞台の姉妹 (113分・1965・上海天馬電影製片廠・監・脚:謝晋) 19.標識のない河の流れ (89分・1983・西安電影製片廠・監:呉天明) 20.黄色い大地 (89分・1984・広西電影製片廠・監:陳凱歌) 21.青春祭 (96分・1985・北京電影学院青年電影製片廠・監・脚:張暖忻) 22.狩り場の掟 (79分・1985・内蒙古電影製片廠・監:田壮壮) 23.双旗鎮刀客 (92分・1990・西安電影製片廠・監・脚:何平) 24.秋菊の物語 (100分・1992・北京電影学院青年電影製片廠・監:張藝謀)

上映作品詳細

1八百屋の恋 他(計133分)

  • 2021年1月5日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月23日(土) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

八百屋の恋 擲果縁(31分・35mm・18fps・無声・白黒)

1922(明星影片公司)(監)張石川(脚・出)鄭正秋(撮)張偉濤(出)鄭鹧鸪、余瑛

現存する最古の中国映画。向かい同士のお店の人々の奇抜なやり取りや階段のギャグなどが楽しい。本作と同年に設立された明星影片公司は、初期の中国映画を代表するプロダクションとして成長する。『労工之愛情』のタイトルとしても知られる。

嵐の夜 風雨之夜(102分・DCP・無声・白黒・不完全・with English Subtitles(日本語字幕もついています))

1925(大中華百合影片公司)(監・脚)朱痩菊(撮)周詩穆(美)王次龍(出)王英之、韓雲珍、周文珠、呉邦藩、厳秉衡、楊静我

上海に住む作家夫婦が、静養のため近郊の村を訪れたことから、複雑な恋愛騒動が繰り広げられる。中国近代文学の一流派である「鴛鴦蝴蝶派えんおうこちょうは」が映画界に進出した作品としても貴重。2006年に当館に寄贈されたフィルムの中から発見され、世界的なニュースとなった。メインタイトルと1巻目が欠落している。

伴奏付上映 
2021年1月23日(土) 1:00 PM

伴奏:長谷川慶岳


2女神 神女(82分・35mm・24fps・無声・白黒)

  • 2021年1月5日(火) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月13日(土) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1934(聯華影業公司上海第一製片廠)(監・脚・美)呉永剛(撮)洪偉烈(出)阮玲玉、黎鑑、章志直、李君磐

1930年代前半を席巻したスター・阮玲玉ロアン・リンユィの代表作。娼婦に身を落としながらも健気に息子を育てる女(阮)は、学費まで食い物にしたヤクザ(章)を殺めて刑務所へ。本作で監督デビューした呉永剛ウー・ヨンカンによる緻密な演出と阮玲玉の熱演は当時から高く評価され、現代でも中国サイレント映画の最高峰として賞賛されている。

伴奏付上映
2021年1月22日(金)7:00PM→2021年2月13日(土)1:00PM ※1/19(火)更新
伴奏:上屋安由美

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/22(金)7:00pmの回につきまして2/13(土)1:00pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


3大いなる路 大路(109分・35mm・白黒・サウンド版)

  • 2021年1月7日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月13日(土) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1935(聯華影業公司上海第二廠)(監・脚)孫瑜(撮)裘逸葦(美)劉晋三(音)聶耳(出)金焔、陳燕燕、黎莉莉、張翼、鄭君里

道路建設工事で働く若者たちの集団生活が明朗快活に描かれる。サイレント映画的な鮮やかな語り口で始まり、サウンド版の利点を活かした歌曲シーンも楽しい。挿入歌「開路先鋒隊」、「大路歌」が大衆に愛唱された。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/20(水)7:00pmの回につきまして2/13(土)4:00pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


4十字路 十字街頭(108分・35mm・白黒)

  • 2021年1月7日(木) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月27日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1937(明星影片公司)(監・脚)沈西苓(撮)周詩穆、王玉如(美)楊鏡心(音)賀緑汀(出)趙丹、白楊、呂班、沙蒙、伊明、英茵

1930年代後半の上海、不景気な世相を辛辣かつユーモラスに描く青春群像劇。同級生の仲間が失業にあえぐ中、主人公(趙)は新聞社に職を得る。そして下宿の隣室の娘(白)とは喧嘩ばかり…。1920年代のアメリカ映画やその影響を受けた日本映画と共通する軽妙なタッチで都市の青年たちの日常を綴る。


5深夜の歌声 夜半歌声(124分・35mm・白黒)

  • 2021年1月6日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月11日(木) 3:50 PM@長瀬記念ホール OZU

1937(新華影業公司)(監・脚)馬徐維邦(撮)余省三、薛伯青(美)張雲喬、芽愚言(音)冼星海(出)金山、胡萍、施超、許曼麗、顧夢鶴

革命家(金)が、身を隠した劇団で人気オペラ歌手になり、地主の娘(胡)と恋仲になるが、横恋慕したボス(顧)に硫酸をかけられ…。劇中歌「黄河の恋」、「熱血」は抗日の歌として愛唱された。アメリカ映画『オペラの怪人』(1925、ルパート・ジュリアン他)の翻案であり、後に香港でリメイクされた(1995、ロニー・ユー)。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/21(木)7:00pmの回につきまして2/11(木・祝)3:50pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


6木蘭従軍 木蘭従軍(94分・DCP・白黒)

  • 2021年1月13日(水) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月24日(日) 12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月10日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1939(中国聯合影業公司華成製片廠)(監)卜萬蒼(脚)欧陽予倩(撮)余省三、陸元亮(美)張漢臣(音)厳工上(出)陳雲裳、梅熹、劉継群、韓蘭根、洪警鈴、殷秀岑、尤光照、葛福栄

戦前の日本で公開された数少ない中国映画の一本。武芸に長けた美女の花木蘭フア・ムーラン(陳)が、父や亡き兄の国を思う気持ちを察して男装の武者となり、武勲を上げて故郷に錦を飾るという物語。有名な唐代の伝説で、京劇の演目でもある。ディズニーが製作した『ムーラン』(2020、ニキ・カーロ)でも取り上げられた。

2/10(水)3:00pmからの追加上映が決定しました。詳細はこちらをご覧ください。


7八千里の雲と月八千里路雲和月(126分・DCP・白黒)

  • 2021年1月14日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月31日(日) 12:40 PM@長瀬記念ホール OZU

1947(聯華影芸社)(監・脚)史東山(撮)韓仲良(美)李恩傑、牛葆榮(出)白楊、陶金、高正、石羽

江玲玉(白)は盧溝橋事件をきっかけに抗日救国演劇に身を投じる。移動演劇隊の闘いと、玲玉の戦後の苦難を描くメロドラマ。戦争終結後も貧困や不平等、腐敗に対して、闘いを継続しなければならないことが強調されている。原題は漢詩「満江紅」からの引用で、果てしなく、昼夜を問わない行軍の意味。

※本作では、上映素材に起因するノイズ音が全篇にわたって認められます。予めご了承ください。


8田舎町の春小城之春(98分・35mm・白黒)

  • 2021年1月6日(水) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月22日(金) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1948(文華影業公司)(監)費穆(脚)李天済(撮)李生偉(美)池寧(音)黄貽鈞(出)韋偉、石羽、李緯、張鴻眉、崔超明

日中戦争後の小さな町を舞台に男女の三角関係を描いたドラマ。登場人物は5人のみに限られ、愛と道徳の板挟みに苦悩する心理が繊細に描写される。2005年に中国映画誕生100周年を記念して香港電影金像奨が募った中国映画ベスト100の第1位に選ばれたほか、世界映画史上における芸術的傑作としても名高い。『春の惑い』(2002、田壮壮ティエン・チュアンチュアン)は本作のリメイク。


9三毛サンマオの放浪記三毛流浪記(73分・DCP・白黒)

  • 2021年1月8日(金) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月23日(土) 4:50 PM@長瀬記念ホール OZU

1949(崑崙影業股份有限公司)(監)趙明、厳恭(原)張楽平(脚)陽翰笙(撮)朱今明、韓仲良(美)張漢臣(音)王雲階(出)王龍基、関宏達、林榛、楊少喬、王公序、黄晨、陶冶、杜雷

人気漫画を映画化した風刺喜劇。浮浪児の少年(王龍基)がスリ団や大富豪に拾われるが、大人の思惑に反発して騒動となる。戦乱による浮浪児の増加を反映するとともに、インフレや格差などの世相も描く。中盤では蒋介石の演説が街頭に皮肉に響き、ラストは共産党政権誕生の祝賀パレードで締め括られる。


10私の一生我這一輩子(109分・35mm・白黒)

  • 2021年1月12日(火) 7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月21日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月12日(金) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1950(文華影片公司)(監・出)石揮(原)老舎(脚)楊柳靑(撮)葛偉卿(美)王月白(音)黄貽鈞(出)魏鶴齢、王敏、田太宣、沈揚、李緯

清朝末期から共産党政権樹立までの激動の歴史を、北京の平凡な警察官の半生を通して描く。人間の無力さや卑小さを見つめる透徹した眼差しが出色で、近代中国史の手引きとしても有益な作品。才人・石揮シー・フイの監督主演作にして代表作だが、石揮は後年、反右派闘争により激しく糾弾され、1957 年に42 歳で非業の自死を遂げた。

2/12(金)3:00pmからの追加上映が決定しました。詳細はこちらをご覧ください。


11上饒シャンラオ収容所上饒集中営(102分・DCP・白黒)

  • 2021年1月12日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月30日(土) 4:20 PM@長瀬記念ホール OZU

1951(上海電影製片廠)(監)沙蒙、張客(脚)馮雪峯(撮)朱今明(美)韓辛、陳波生(音)賀緑汀(出)湯化達、江俊、盧敏、林農

1941年、国民党軍が共産党系の新四軍を襲撃した皖南事変により多数が戦死し、生存者たちは強制収容所に入れられた。過酷な状況下で信念を貫いた共産党員たちを描く。建国初期に数多く作られた革命戦争映画の一作で、実在の英雄的人物を称えるもの。脚本を書いた馮雪峯フォン・シュエフォン自身も、上饒収容所を体験した。


12祝福祝福(98分・DCP・カラー・with English Subtitles(日本語および中国語字幕もついています))

  • 2021年1月13日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月31日(日) 4:30 PM@長瀬記念ホール OZU

1956(北京電影製片廠)(監)桑弧(原)魯迅(脚)夏衍(撮)銭江(美)池寧(音)劉如曾(出)白楊、魏鶴齢、李景波、史林、李健、李孟堯

魯迅の同名小説を映画化。辛亥革命前後を背景に、姑に売られて望まぬ再婚をした未亡人の祥林嫂(白)の悲運を描く。裕福な家から貧しい家まで緻密に再現したセットや、降りつづく雪など、美術の精巧さが目を引くカラー作品。ラストシーンには、原作にないナレーションが付け加わっており、製作者たちが置かれた政治的状況も垣間見える。


13上海アニメーション選集(計102分)

  • 2021年1月8日(金) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月14日(日) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

持永只仁が設立に貢献した上海電影製片廠美術片組を前身とする上海美術電影製片廠は、中国最大のアニメーション・スタジオとして児童映画を中心に製作。中国文化を重んじる方針のもと、『傲慢な将軍』では京劇の隈取を取り入れた。伝統的な水墨画を応用した傑作群『おたまじゃくしがお母さんを探す』、『牧笛』、『鹿鈴』は国際的にも高く評価された。『三人の和尚』はことわざを題材として、シンプルな線画と動きの反復がユーモラスな名作。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/26(火)7:00pmの回につきまして2/14(日)4:00pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。

傲慢な将軍 驕傲的将軍(25分・DCP・カラー)

1956(上海電影製片廠)(監)特偉(作画監督)銭家駿(脚)華君武(撮)陳震祥、葛方雄(音)陳歌辛

おたまじゃくしがお母さんを探す 小蝌蚪找媽媽(16分・DCP・カラー)

1960(上海美術電影製片廠)(芸術監督)特偉(技術監督)銭家駿(原)方惠珍、盛璐德(撮)段孝萱、游湧、王世榮(音)吳応炬

牧笛ぼくてき 牧笛(21分・DCP・カラー)

1963(上海美術電影制片廠)(監・脚)特偉(監)銭家駿(撮)段孝萱(音)吳応炬

三人の和尚 三個和尚(20分・DCP・カラー)

1981(上海美術電影製片廠)(監)阿達(原)包蕾(人物造形)韓羽(撮)游湧(音)金復載

鹿鈴ろくれい 鹿鈴(20分・DCP・カラー)

1982(上海美術電影制片廠)(監)唐澄、鄔強(脚)桑孤(撮)段考萱(音)呉応炬


14未完成喜劇没有完成的喜劇(83分・DCP・白黒)

  • 2021年1月16日(土) 12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月10日(水) 6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

1957(長春電影製片廠)(監・脚)呂班(脚)羅泰(撮)張翬(美)徐渭(音)馬琳(出)韓蘭根、殷秀岑、武豫梅、閻傑、陳衷、方化

「中国のローレル&ハーディ」と称された人気コンビが本人役で主演し、風刺喜劇作りを描くバックステージもの。共産党の映画指導方針を戯画化した稀有な風刺喜劇となった。呂班リュ・バンは1930年代に上海で俳優として活躍し、戦後は東北に赴き監督となり「百花斉放百家争鳴」で奨励された喜劇作りの先駆となったが、本作完成後に反右派闘争で批判され、映画界追放の憂き目にあった。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/27(水)7:00pmの回につきまして2/10(水)6:30pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


15追魚ついぎょ追魚(93分・DCP・カラー)

  • 2021年1月17日(日) 12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月26日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1959(上海天馬電影製片廠)(監)応雲衛(撮)馬林發(美)葛師承(音)顧振遐、杜春阳(出)王文娟、徐玉蘭、鄭忠梅、周宝奎

京劇と並ぶ中国二大演劇のひとつである越劇の戯曲の映画化で、すべての役を女性が演じている。池の畔に住む不幸な身の上の学生・張珍(徐)の純真さに心打たれた魚の精(王)は、彼の許嫁に変身して現れ、仲睦まじくなる。越劇の有名女優らが出演。喜劇的な展開の果てにたどり着く、終盤のスペクタクルな特撮シーンも見もの。


16紅色娘子軍こうしょくじょうしぐん紅色娘子軍(116分・DCP・カラー)

  • 2021年1月24日(日) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月9日(火) 6:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1961(天馬電影製片廠)(監)謝晋(脚)梁信(撮)沈西林(美)張漢臣(音)黄准(出)祝希娟、王心剛、向梅、金乃華、王黎

1930年代初頭に中国最南端の海南島に実在した女子遊撃隊をモデルとした英雄物語。大ヒットして主題歌が広く愛唱されたほか、現代バレエに改編されて革命模範劇となり、バレエ版映画(1971)も作られた。国民党傘下の地主の屋敷で虐待されていた召使いの少女(祝)が紅軍将校(王心剛)に助け出され、娘子軍に入隊、指導を受け兵士として成長し、村を解放する。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/14(木)7:00pmの回につきまして2/9(火)6:00pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


17雑居アパート大騒動七十二家房客(84分・DCP・白黒・with English Subtitles(日本語および中国語字幕もついています))

  • 2021年1月16日(土) 4:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月12日(金) 6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

1963(珠江電影製片廠=香港鴻図影業公司)(監・脚)王為一(原)楊華生、笑嘻嘻、張樵儂、沈一楽(脚)黄谷柳(撮)劉洪銘、王雲暉(美)黄沖(音)黄錦培(出)文覚非、譚玉真、謝国華

上海で作られた舞台喜劇を、中国=香港合作で映画化した群衆喜劇の傑作。舞台は1940年代の広州に移しかえられ、広東語の活力に満ちた掛け合いとアパートのセットを巧みに生かした演出が光る。1973年には香港で劭氏兄弟ショウ・ブラザーズによるリメイクが大ヒットし、『カンフーハッスル』(2002、周星馳)でも参照されるなど、後年の香港映画に与えた影響も大きい。

※1月16日4:30PMの回の前売指定席券は完売しました(1月16日更新・最新情報はチケットぴあのページをご覧ください)

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/29(金)7:00pmの回につきまして2/12(金)6:30pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


18舞台の姉妹舞台姐妹(113分・DCP・カラー・with English Subtitles(日本語字幕もついています))

  • 2021年1月17日(日) 4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月9日(火) 2:40 PM@長瀬記念ホール OZU

1965(上海天馬電影製片廠)(監・脚)謝晋(脚)林谷、徐進(撮)周達明、陳震祥(美)葛師承(音)黄准(出)謝芳、曹銀娣、上官雲珠

1935年から1950年代にかけて2人の越劇女優を描くメロドラマ。浙江省で婚家から逃げた春花(謝)は劇団に身を寄せて月紅(曹)と義姉妹になり、一座の看板コンビとして旅回りの苦難を助け合う。だが、上海の劇場に移籍して、享楽的になる月紅と自立した演劇人をめざす春花はすれ違ってゆく。叙情的な前半から一転、後半は革命思想が色濃いが、文革直前にあたる当時の情勢を反映している。

※本作では、上映素材に起因して、断続的な小さな音ノイズ、および複数個所で低音の比較的大きなノイズ音が数分続きます。予めご了承ください。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/28(木)7:00pmの回につきまして2/9(火)2:40pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


19標識のない河の流れ没有航標的河流(89分・DCP・カラー)

  • 2021年1月20日(水) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月14日(日) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1983(西安電影製片廠)(監)呉天明(原・脚)叶蔚林(撮)劉昌煦、朱孔陽(美)盧広才(音)許友夫(出)李緯、陶玉玲、胡栄華、唐清明、黎舒蘭

1984年に西安撮影所所長に就き、第五世代の張藝謀チャン・イーモウ陳凱歌チェン・カイコーを育てた呉天明ウー・ティエンミンの初単独監督作品。文革期、いかだで河川を下り木材を運搬する盤五(李)ら3人の男たちを描く。文革で権力を得た人々の横暴への抵抗と、年長の盤五の悲恋が絡み合っていく。文革の混乱と静かな河上での生活の対比が印象的な一篇。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/15(金)7:00pmの回につきまして2/14(日)1:00pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


20黄色い大地黄土地(89分・DCP・カラー・with English Subtitles(日本語字幕もついています))

  • 2021年1月10日(日) 4:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月19日(火) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1984(広西電影製片廠)(監)陳凱歌(原)柯藍(脚)張子良(撮)張藝謀(美)何群(音)趙季平(出)薛白、王学圻、譚托

陳凱歌の監督デビュー作で、ロカルノ国際映画祭で銀豹賞を受賞して中国映画再評価の契機となった作品。陝西省の貧村に住む少女・翠巧(薛)は、延安から派遣された兵士・顧青(王)と出会う。望まぬ結婚を迫る因習から逃れるため、延安に帰った彼への想いを胸に、翠巧は旅立つ。黄土色の山々と空の乾きを撮影したのは、後に『紅いコーリャン』(1987)で監督デビューする張藝謀。

※本篇終了後に4K修復デモ映像が流れます。


21青春祭青春祭(96分・DCP・カラー・with English Subtitles(日本語字幕もついています))

  • 2021年1月15日(金) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月30日(土) 12:40 PM@長瀬記念ホール OZU

1985(北京電影学院青年電影製片廠)(監・脚)張暖忻(原)張曼菱(撮)穆徳遠、鄧偉(美)李勇新、王硯縉(音)劉索拉、翟小松(出)李鳳緒、馮遠征、郭建国、玉姐

文革期、雲南省に下放された少女(李)が少数民族の暮らしに美しさを見出していく。女性監督の張暖忻チャン・ヌアンシンは1940年内蒙古生まれ、北京電影学院卒業後に上海で桑弧サン・フーや謝晋などの助手を経験し、第四世代の代表的監督の一人として活躍。『おはよう北京』(1990)、『雲南物語』(1994)などを発表し、1995年に逝去した。


22狩り場の掟猟場札撤(79分・DCP・カラー)

  • 2021年1月9日(土) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年2月11日(木) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1985(内蒙古電影製片廠)(監)田壮壮(脚)江浩(撮)呂楽、候咏(美)李耕、張小安(音)矍小松(出)敖特銀巴雅、拉西、巴彦爾口

内蒙古の大草原を背景に、狩猟の営みを題材とした田壮壮の単独監督デビュー作。現地の人々を起用してドキュメンタリー的手法を用いた。年に1度の「狩り祭」で何も捕れなかったザップ(敖特銀)は、他人の獲物を横取りした掟破りを咎められ罰を受ける。

※本作には、現地語音声とそれを中国語に吹き替えた音声の二種類が収録されています。日本語字幕は、中国語吹き替え音声を翻訳したものです。

※緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1/19(火)7:00pmの回につきまして2/11(木・祝)1:00pmに振替上映を行います。詳細はこちらをご覧ください。


23双旗鎮刀客双旗鎮刀客(92分・DCP・カラー)

  • 2021年1月9日(土) 4:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月29日(金) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1990(西安電影製片廠)(監・脚)何平(脚)楊争光(撮)馬徳林(美)銭運選(音)陶龍(出)高緯、趙瑪娜、常江、孫海英、王剛、張高平

少年剣士・孩哥(高)は、亡き父が決めた許嫁を探しに、砂漠を渡って双旗鎮という村にやってきた。だが、その村は一刀仙(孫)率いるならず者兄弟たちに支配されていた。孩哥の目にもとまらぬ剣術や敵の残虐さを、ケレン味たっぷりの演出で見せる中国製西部劇の代表作。幼くして村の命運を背負わされた孩哥と許嫁・好妹(趙)の覚悟が心を打つ。


24秋菊の物語秋菊打官司(100分・DCP・カラー)

  • 2021年1月10日(日) 1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2021年1月28日(木) 3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

1992(北京電影学院青年電影製片廠)(監)張藝謀(原)陳源斌(脚)劉恒(撮)池小寧、于小群、盧宏義(美)曹久平(音)趙季平(出)鞏俐、雷恪生、戈治均、劉佩琦、楊柳春

『菊豆』(1990)、『紅夢』(1991)で過去を題材に映像美を打ち出した張藝謀が作風を一変させ、当時の社会をリアリズム・タッチで描く。施行されたばかりの行政訴訟法を取り上げている。農村に住む秋菊(鞏)は、夫の股間を蹴った村長に立腹し巡査に訴えるも謝罪を受けられず、郡・県・市の公安へ告訴して回る。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞と主演女優賞を受賞。


緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1月14日(木)~29日(金)の平日夜の回につきまして2月9日(火)~2月14日(日)に振替上映を行います。
振替上映の詳細はこちらをご覧ください。

■各回の開映後の入場はできません。
■前売指定席券のみ発売(会場でのチケット販売はありません)。
■前売指定席券の最新の完売情報は、チケットぴあのページをご覧ください(当館HPは情報の更新にタイムラグがございます)。

2021年1月5日(火)

11:00 AM 開館

2021年1月5日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月5日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月6日(水)

11:00 AM 開館

2021年1月6日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月6日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月7日(木)

11:00 AM 開館

2021年1月7日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月7日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月8日(金)

11:00 AM 開館

2021年1月8日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月8日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月9日(土)

11:00 AM 開館

2021年1月9日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月9日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月10日(日)

11:00 AM 開館

2021年1月10日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月10日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月12日(火)

11:00 AM 開館

2021年1月12日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月12日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月13日(水)

11:00 AM 開館

2021年1月13日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月13日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月14日(木)

11:00 AM 開館

2021年1月14日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月14日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月15日(金)

11:00 AM 開館

2021年1月15日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月15日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月16日(土)

11:00 AM 開館

2021年1月16日12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月16日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月17日(日)

11:00 AM 開館

2021年1月17日12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月17日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月19日(火)

11:00 AM 開館

2021年1月19日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月19日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月20日(水)

11:00 AM 開館

2021年1月20日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月20日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月21日(木)

11:00 AM 開館

2021年1月21日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月21日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月22日(金)

11:00 AM 開館

2021年1月22日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月22日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月23日(土)

11:00 AM 開館

2021年1月23日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
♪伴奏付上映
伴奏:長谷川慶岳
1八百屋の恋 他(計133分)
2021年1月23日4:50 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月24日(日)

11:00 AM 開館

2021年1月24日12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月24日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月26日(火)

11:00 AM 開館

2021年1月26日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月26日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月27日(水)

11:00 AM 開館

2021年1月27日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月27日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月28日(木)

11:00 AM 開館

2021年1月28日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月28日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月29日(金)

11:00 AM 開館

2021年1月29日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月29日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月30日(土)

11:00 AM 開館

2021年1月30日12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月30日4:20 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年1月31日(日)

11:00 AM 開館

2021年1月31日12:40 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年1月31日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年2月9日(火)

11:00 AM 開館

2021年2月9日2:40 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年2月9日6:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年2月10日(水)

11:00 AM 開館

2021年2月10日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年2月10日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年2月11日(木)

11:00 AM 開館

2021年2月11日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年2月11日3:50 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年2月12日(金)

11:00 AM 開館

2021年2月12日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年2月12日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年2月13日(土)

11:00 AM 開館

2021年2月13日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
♪伴奏付上映
伴奏:上屋安由美
2女神(82分)
2021年2月13日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2021年2月14日(日)

11:00 AM 開館

2021年2月14日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2021年2月14日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

重要なお知らせ ※1/29(金)更新
・払い戻し:緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、1月14日(木)~29日(金)の平日夜の回の上映を中止いたします。

上映中止の回 1月14日(木)-15日(金)、19日(火)-22日(金)、26日(火)-29日(金)の7:00pmの回

上映中止の回では、会期終了後に前売指定席券の全席払い戻し(チケット代金/発券手数料)を行います。また、上映実施回でも新型コロナウイルス感染拡大を受けご鑑賞をおやめになったお客様、来館時の検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認されたお客様を対象に前売指定席券の払い戻しを行います。
払い戻しの詳細こちらをご覧ください。

・振替上映:上記の回につきまして2月9日(火)-2月14日(日)に振替上映を行います。振替上映では、中止回および同一作品のチケットは使用できません。
振替上映の詳細こちらをご覧ください。

・定員:1月12日(火)より長瀬記念ホールOZUでの収容率50%・定員155名として上映しています。収容率50%とするため、1月12日(火)-1月31日(日)の上映回では前方列の新規販売を停止しています(チケットぴあのオンライン座席図では、販売対象外とした座席が販売済座席と同じ色で表示されます)。
観客席の密集を避けるため、上映開始直前に、前方列を中心に空いている列への席のご移動にご協力ください(1月31日(日)までの処置です)

前売指定席券
振替上映のチケットは2月3日(水)10:00am発売です。詳しくはこちらをご覧ください)

12月25日(金)10:00amより、チケットぴあにて全上映回の前売指定席券(全席指定席)を販売します。

[Pコード:551-327]

障害者(付添者は原則1名まで)・国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズの方も前売指定席券をお求めください。会場でのチケット販売はありません。

前売料金 *別途手数料がかかります。
一般:520円/高校・大学生・65歳以上:310円/小・中学生:100円
/障害者(付添者は原則1名まで)・キャンパスメンバーズ:無料(手数料のみかかります)

♪伴奏付上映の回 *別途手数料がかかります。
一般:1,050円/高校・大学生・65歳以上:840円/小・中学生:600円
/障害者(付添者は原則1名まで):無料/キャンパスメンバーズ(教職員):500円/キャンパスメンバーズ(学生):400円

料金区分の違う前売指定席券では入場できません。
・学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方は証明できるものをご提示ください。ご提示のない方は入場できません。

チケット代および手数料の払い戻しは行いません。
→払い戻しについては、上記「重要なお知らせ」をご覧ください。

下記に該当する方は購入をお控え願います。

新型コロナウイルス感染症について
・陽性判定、あるいは医師に自宅待機指示を受けている方
・検査結果待ち、あるいは体調不良の諸症状がある方
・ご自身の身近に感染の疑いがある方
・過去14日間以内に、陽性の方と濃厚接触がある方、感染が拡大している国・地域への訪問歴がある方


前売指定席券の購入方法振替上映のチケットは2月3日(水)10:00am発売です。詳しくはこちら。)

[Pコード:551-327]

チケットぴあ店舗、セブン-イレブン(店頭のマルチコピー機)で購入
12月25日(金)10:00amより各回の上映2時間前まで
前売料金に加え、1枚につき発券手数料110円がかかります。

受付電話(0570-02-9999)で購入
12月25日(金)10:00amより各回の4日前11:59pmまで
前売料金に加え、1枚につき発券手数料110円がかかります。
*毎週火・水2:30am ~ 5:30amはシステムメンテナンスのため受付休止となります。

チケットぴあのサイト(https://w.pia.jp/t/nfaj-chinacinema)で購入
購入時期によってご利用可能な決済方法が異なります。上映当日はクレジットカードまたはちょコム決済で各回の上映2時間前まで購入可能です。
前売料金に加え、1枚につき発券手数料110円、また決済方法によって1件につき決済手数料がかかる場合があります。

購入方法別の手数料一覧はこちらをご覧ください。

必ず発券してからご来館ください。
セブン-イレブンおよび受付電話での購入では座席選択ができません。中央→後列→前列の順に自動で割り振られます。
*購入サイトは準備でき次第アップされますが、ご利用は12月25日(金)10:00amからです。
*手数料等の詳細や購入方法に関する最新情報については、チケットぴあのサイトhttps://t.pia.jp/をご覧ください。
*本前売指定席券購入に、システム利用料はかかりません。


入場方法

前売指定席券は来館前に必ず発券をお願いします。
・開場は開映40分前です。
各回の開映後の入場はできません。

振替上映の前売指定席券

緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、上映中止となった1月14日(木)~29日(金)の平日夜の回につきまして2月9日(火)~2月14日(日)に振替上映を行います。
2月3日(水)10:00amより、チケットぴあにて全上映回の前売指定席券(全席指定席・155席)を販売します。
振替上映では、中止回および同一作品のチケットは使用できません。改めてご購入ください。

■2月9日(火)<11:00am開館>
2:40pm『舞台の姉妹』(113分)
6:00pm『紅色娘子軍』(116分)

■2月10日(水)<11:00am開館>
3:00pm『木蘭従軍』(94分)※追加上映
6:30pm『未完成喜劇』(83分)

■2月11日(木・祝)<11:00am開館>
1:00pm『狩り場の掟』(79分)
3:50pm『深夜の歌声』(124分)

■2月12日(金)<11:00am開館>
3:00pm『私の一生』(109分)※追加上映
6:30pm『雑居アパート大騒動』(84分)

■2月13日(土)<11:00am開館>
1:00pm『女神』(82分)伴奏付上映
4:00pm『大いなる路』(109分)

■2月14日(日)<11:00am開館>
1:00pm『標識のない河の流れ』(89分)
4:00pm「上海アニメーション選集」(計102分)

※各回の開映後の入場はできません。

 

[Pコード:551-327]

障害者(付添者は原則1名まで)・国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズの方も前売指定席券をお求めください。会場でのチケット販売はありません。

前売料金 *別途手数料がかかります。
一般:520円/高校・大学生・65歳以上:310円/小・中学生:100円
/障害者(付添者は原則1名まで)・キャンパスメンバーズ:無料(手数料のみかかります)

♪伴奏付上映の回 *別途手数料がかかります。
一般:1,050円/高校・大学生・65歳以上:840円/小・中学生:600円
/障害者(付添者は原則1名まで):無料/キャンパスメンバーズ(教職員):500円/キャンパスメンバーズ(学生):400円

料金区分の違う前売指定席券では入場できません。
・学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方は証明できるものをご提示ください。ご提示のない方は入場できません。

・新型コロナウイルス感染拡大を受けご鑑賞をおやめになったお客様、来館時の検温の結果、 37.5℃ 以上の 発熱が確認されたお客様を対象に前売指定席券の払い戻しを行います。払い戻しの詳細はこちらをご覧ください。※2/12(金)更新

下記に該当する方は購入をお控え願います。

新型コロナウイルス感染症について
・陽性判定、あるいは医師に自宅待機指示を受けている方
・検査結果待ち、あるいは体調不良の諸症状がある方
・ご自身の身近に感染の疑いがある方
・過去14日間以内に、陽性の方と濃厚接触がある方、感染が拡大している国・地域への訪問歴がある方


前売指定席券の購入方法

[Pコード:551-327]

チケットぴあ店舗、セブン-イレブン(店頭のマルチコピー機)で購入
2月3日(水)10:00amより各回の上映2時間前まで
前売料金に加え、1枚につき発券手数料110円がかかります。

受付電話(0570-02-9999)で購入
2月3日(水)10:00amより各回の4日前11:59pmまで
前売料金に加え、1枚につき発券手数料110円がかかります。
*毎週火・水2:30am ~ 5:30amはシステムメンテナンスのため受付休止となります。

チケットぴあのサイトで購入
購入時期によってご利用可能な決済方法が異なります。上映当日はクレジットカードまたはちょコム決済で各回の上映2時間前まで購入可能です。
前売料金に加え、1枚につき発券手数料110円、また決済方法によって1件につき決済手数料がかかる場合があります。

購入方法別の手数料一覧はこちら

必ず発券してからご来館ください。
セブン-イレブンおよび受付電話での購入では座席選択ができません。中央→後列→前列の順に自動で割り振られます。
*手数料等の詳細や購入方法に関する最新情報については、チケットぴあのサイトhttps://t.pia.jp/をご覧ください。
*本前売指定席券購入に、システム利用料はかかりません。


入場方法

前売指定席券は来館前に必ず発券をお願いします。
・開場は開映40分前です。
各回の開映後の入場はできません。

伴奏付上映出演者[出演順]

上屋安由美(かみや・あゆみ)/作曲・ピアノ
愛知県名古屋市出身。桐朋学園大学音楽学部作曲専攻卒業、同大学研究科修了。同大学音楽学部附属子供のための音楽教室ソルフェージュ講師。これまでポルデノーネ無声映画祭、東京国際映画祭等に出演。ピアノを故・松岡晴子、三輪郁、作曲を三瀬和朗、大家百子の各氏に師事。

長谷川慶岳(はせがわ・よしたか)/作曲・ピアノ
東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、同大学院修士課程作曲専攻を修了。その後フランスに留学し、パリ・エコール・ノルマル音楽院作曲科にてディプロム・スュペリウールを首席で取得。現在、静岡大学教育学部准教授。作曲や音楽理論を担当している。

マスク着用のない方の入館をお断りします。

重要なお知らせ ※1/29(金)更新
・払い戻し:緊急事態宣言の基本的対処方針に基づき、1月14日(木)~29日(金)の平日夜の回の上映を中止いたします。

上映中止の回 1月14日(木)-15日(金)、19日(火)-22日(金)、26日(火)-29日(金)の7:00pmの回

上映中止の回では、会期終了後に前売指定席券の全席払い戻し(チケット代金/発券手数料)を行います。また、上映実施回でも新型コロナウイルス感染拡大を受けご鑑賞をおやめになったお客様、来館時の検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認されたお客様を対象に前売指定席券の払い戻しを行います。
払い戻しの詳細こちらをご覧ください。

・振替上映:上記の回につきまして2月9日(火)-2月14日(日)に振替上映を行います。振替上映では、中止回および同一作品のチケットは使用できません。
振替上映の詳細こちらをご覧ください。

・定員:1月12日(火)より長瀬記念ホールOZUでの収容率50%・定員155名として上映しています。収容率50%とするため、1月12日(火)-1月31日(日)の上映回では前方列の新規販売を停止しています(チケットぴあのオンライン座席図では、販売対象外とした座席が販売済座席と同じ色で表示されます)。
観客席の密集を避けるため、上映開始直前に、前方列を中心に空いている列への席のご移動にご協力ください(1月31日(日)までの処置です)

当館の新型コロナウイルス感染症拡大防止策
・来館者全員への検温を実施。
・館内各所に手指用消毒液を設置。
・清掃・消毒を強化。
・ホール内の換気を強化。
・スタッフはマスク・手袋等を着用して対応。
・受付などの対面場所に飛沫ガードを設置。
・1月12日より、ホールの収容率50%として上映します。※1/8(金)更新

ご来館の皆様へのお願い
・発熱や風邪などの症状がある方は、来館をお控えください。
・咳エチケットにご協力ください。
・館内で体調を崩された場合は、スタッフにお知らせください。
・こまめな手洗いや手指の消毒にご協力ください。
・入退場やご観覧の際は、互いに適切な距離を保つようお願いいたします。
・ロビー等での飲食は、蓋の閉まる飲み物以外は禁止にさせていただきます。
・感染発生時の入館者追跡のため、ご自身で入館日時の記録をお願いいたします。

上映以外に関する当館の対策およびお願いにつきましては、こちらをご覧ください。