過去の上映

EUフィルムデーズ2018

EU Film Days 2018

主催:国立映画アーカイブ、駐日欧州連合代表部およびEU加盟国大使館・文化機関
会期:2018年5月26日(土)-6月21日(木)
会場:長瀬記念ホール OZU(2階)
定員:310名(各回入替制・全席自由席)
★各回の開映後の入場はできません。
★5-6月の休館日:月曜日

Organizers: National FIlm Archive of Japan, The Delegation of the European Union to Japan and the embassies and the cultural institutes of the EU member states in Japan
Date: May 26 (Sat) – June 21 (Thu)
Place: Nagase Memorial Theatre OZU (2nd floor)
Capacity: 310 seats

NO ENTRY AFTER SCREENING STARTS

 

当日券についてはこちらをご覧ください。

前売券についてはこちらをご覧ください

概要

PDF版でもご覧いただけます↑

「EUフィルムデーズ」は、欧州連合(EU)加盟国大使館・文化機関が提供する各国の作品を一堂に上映するユニークな映画祭で、上映される作品はヨーロッパの映画製作者の幅広い才能を披露するとともに、EUが重視する文化的多様性をさまざまな表現で映し出しています。16年目(国立映画アーカイブでの開催は11回目)となる2018年は、EU28加盟国中25カ国の作品(29番組・30作品)を紹介します。

■上映作品は出品国名の五十音順で紹介しています。
■『もうひとりの私』は英語字幕のみで、日本語字幕はありません。
■記載した上映分数は、当日のものと多少異なることがあります。
■上映スケジュール、イベント等は、やむを得ず変更する場合があります。最新の情報はNFCホームページまたは「EUフィルムデーズ2018」公式ホームページでご確認ください。

1.マッド・メアリー (82分・2016・アイルランド・監督:ダレン・ソーントン) 2.人間の値打ち (109分・2013・イタリア=フランス・監督:パオロ・ヴィルズィ) 3.日の名残り (134分・1993・英国=米国・監督:ジェームズ・アイヴォリー) 4.私と同じ顔の、おじさん (110分116分・2017・エストニア・監督:カトリン・マイミック、アンドレス・マイミック) 5.世界で一番の幸せ (103分・2017・オーストリア=ドイツ・監督:アドリアン・ゴイギンガー) 6.キッツ先生の子供たち (113分・2016・オランダ・監督:ペトラ・ラタスター・ジッシュ、ペーター・ラタスター) 7.もうひとりの私 (101分・2016・ギリシャ・監督:ソティリス・ツァフーリャス) 8.緑の丘のミステリー (81分・2017・クロアチア・監督:チェエン・チェルニッチ) 9.ラスト・センテンス:死者への裁き (126分・2012・スウェーデン=ノルウェー・監督:ヤン・トロエル) 10.パジャマを着た男の記憶 (90分74分・2017・スペイン・監督:カルロス・フェルナンデス) 11.ウィルソン・シティ (115分・2015・スロヴァキア=チェコ・監督:トマーシュ・マシーン) 12.鉱夫 (102分・2017・スロヴェニア・監督:ハンナ・スラク) 13.アロイス・ネーベル (87分・2011・チェコ=ドイツ・監督:トマーシュ・ルニャーク) 14.キャスティング (91分・2017・ドイツ・監督:ニコラス・ヴァッカーバルト) 15.ヒットマン:インポッシブル (99分・2016・ハンガリー・監督:アッティラ・ティル) 16.湖のものがたり (76分・2016・フィンランド・監督:マルコ・レール、キム・サールニルオト) 17.スワッガー (84分88分・2016・フランス・監督:オリヴィエ・バビネ) 18. (93分・2016・ブルガリア・監督:ディミタル・コツェフ=ショショ) 19.神様メール (115分・2015・ベルギー=フランス=ルクセンブルク・監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル) 20.ベルヒカ (126分・2016・ベルギー=フランス=オランダ・監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン) 21.ソラリスの著者 (56分・2016・ポーランド=フランス=ドイツ・監督:ボリス・ランコシュ)
寄せ集め (35分・1968・ポーランド・監督:アンジェイ・ワイダ)
22.ホース・マネー (104分・2014・ポルトガル・監督:ペドロ・コスタ) 23.ふたりの旅路 (99分・2017・ラトビア=日本・監督:マーリス・マルティンソーンス) 24.エミリヤ、自由への闘い (122分・2017・リトアニア・監督:ドナタス・ウルヴィダス) 25.エリザのために (128分・2016・ルーマニア=フランス=ベルギー・監督:クリスティアン・ムンジウ) 26.ラスティー・ボーイズ~ビバ老後!~ (107分・2017・ルクセンブルク・監督:アンディ・バウシュ) 特別プログラム1 上映&トーク ランコシュ監督来日記念 特.裏面 (99分・2009・ポーランド・監督:ボリス・ランコシュ) 特別プログラム2 上映&トーク EU理事会議長国記念 カメン・カーレフ監督作品特集 特.アイランド (95分109分・2011・ブルガリア=スウェーデン・監督:カメン・カーレフ) 特.フェイス・ダウン (110分105分・2015・ブルガリア=フランス=ベルギー・監督:カメン・カーレフ)

上映作品詳細

1マッド・メアリーA Date for Mad Mary(82分・Blu-ray・カラー)

アイルランド IRELAND

  • 2018年6月17日1:45 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月21日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(アイルランド)(監督)ダレン・ソーントン

言語:英語  字幕:日本語
Language: English  Subtitles: Japanese

半年間の服役から戻った暴走娘メアリーは、親友の結婚式でブライズメイドを務めることに。同伴者を探すが、紹介される男性の誰とも上手くいかない。自分らしくいられる相手をついに見つけたものの、一つだけ問題があった。女優のヤスミン・アクラムが書いた一人芝居を原作に、ひとりの女性が真の自分を発見するまでを描く愛すべきコメディ。カルロヴィヴァリ国際映画祭出品。

© Photo: Ole Bratt Birkeland


2人間の値打ちIl Capitale Umano / Human Capital(109分・DCP・カラー)

イタリア ITALY

  • 2018年6月3日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月8日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2013(イタリア=フランス)(監督)パオロ・ヴィルズィ

言語:イタリア語   字幕:日本語
Language: Italian  Subtitles: Japanese

クリスマスイヴに起こったひき逃げ事故をきっかけに、経済格差のある3つの家庭に隠された秘密と欲望が浮かび上がる。かつて女優を目指していた有閑夫人カルラを演じるヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(トライベッカ映画祭などで最優秀女優賞受賞)をはじめとして、実力派スターが豪華に顔をそろえた。カルロヴィヴァリ国際映画祭、ストックホルム国際映画祭出品。

© 2013 Indiana Production Company Srl / Manny Films


3日の名残りThe Remains of the Day(134分・Blu-ray・カラー)

英国 UNITED KINGDOM

  • 2018年6月5日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月8日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

1993(英国=米国)(監督)ジェームズ・アイヴォリー

言語:英語  字幕:日本語
Language: English  Subtitles: Japanese

1958年。ダーリントン邸の老執事スティーブンスのもとに、以前共に屋敷で働いていた女性ミス・ケントンから一通の手紙が届く。懐かしさに駆られる彼の胸に20年前の思い出が蘇る――。ノーベル文学賞受賞作家カズオ・イシグロのベストセラー小説を、『眺めのいい部屋』等で英国の伝統美の中に人間関係の機微を描き続けてきたジェームズ・アイヴォリーが映像化。


4私と同じ顔の、おじさんMinu näoga onu / The Man Who Looks Like Me(110分116分・DCP・カラー)

エストニア ESTONIA

  • 2018年5月26日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年5月29日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2017(エストニア)(監督)カトリン・マイミック、アンドレス・マイミック

言語:エストニア語  字幕:日本語、英語
Language: Estonian  Subtitles: Japanese, English
日本初公開

離婚の経験からなかなか立ち直れない音楽評論家フーゴの一番の望みは、静かな日常の中で書きかけの本を完成させること。ところが、ジャズマンで奔放な父親が突然やってくると、生活は次第に思うようにいかなくなる。『チェリー・タバコ』(2014、EUフィルムデーズ2016上映)のマイミック夫婦監督ユニットによる新作。カルロヴィヴァリ国際映画祭出品。


5世界で一番の幸せDie beste aller Welten / The Best of All Worlds(103分・Blu-ray・カラー)

オーストリア AUSTRIA

  • 2018年6月14日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月16日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU

2017(オーストリア=ドイツ)(監督)アドリアン・ゴイギンガー

言語:ドイツ語  字幕:日本語、英語
Language: German  Subtitles: Japanese, English
日本初公開

幼いアドリアンは母親ヘルガの献身的な愛を一身に受けているが、実はヘルガはドラッグ中毒だった。ある日事件が起きて警察沙汰となってしまう。果たして2人の「幸福な」生活の行方は。1991年生まれの監督が自らの経験をもとに撮った長篇デビュー作。ベルリン国際映画祭パースペクティブ・ドイツ映画部門最優秀作品賞、モスクワ国際映画祭最優秀女優賞受賞。


6キッツ先生の子供たちDie kinderen van juf Kiet / Miss Kiet's Children(113分・Blu-ray・カラー)

オランダ THE NETHERLANDS

  • 2018年5月26日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月1日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(オランダ)(監督)ペトラ・ラタスター・ジッシュ、ペーター・ラタスター

言語:オランダ語  字幕:日本語、英語
Language: Dutch  Subtitles: Japanese, English
日本初公開

キッツ先生はみんなの憧れの先生。厳しいけれど決して意地悪ではなく、愛情にあふれていてはいても子供たちを甘やかすことはない。忍耐強い彼女が教えるのは、オランダにやってきた移民や難民の子供たち。初めての土地で戸惑うことばかりの子供たちも、キッツ先生との関係を通じて次第に実力と自信を身につけていく。教師と移民の子供たちの日々をとらえたドキュメンタリー。


7もうひとりの私Έτερος εγώ / The Other Me(101分・DCP・カラー)

ギリシャ GREECE

  • 2018年6月15日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月20日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(ギリシャ)(監督)ソティリス・ツァフーリャス

言語:ギリシャ語  字幕:英語のみ
Language: Greek  Subtitles: English
日本初公開

アテネで起こった一見無関係に思える5件の殺人事件の現場には、ピタゴラスの引用が書かれた名刺が残されていた。アスペルガーの犯罪学教授がフランス人数学教授の協力を得て、連続殺人事件の謎に挑む。数学教授役は『最強のふたり』(2011)で車椅子の富豪を演じたフランソワ・クリュゼ。


8緑の丘のミステリーUzbuna na Zelenom Vrhu / The Mystery of Green Hill(81分・Blu-ray・カラー)

クロアチア CROATIA

  • 2018年6月6日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月9日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU

2017(クロアチア)(監督)チェエン・チェルニッチ

言語:クロアチア語  字幕:日本語
Language: Croatian  Subtitles: Japanese
日本初公開

夏休みのキャンプで訪れた地で、子供たちが連続窃盗犯を探し出して捕まえようと奮闘する。イワン・クーシャンによる人気児童文学シリーズ(冨山房インターナショナル刊『なぞの少年』『ココと幽霊』など)の映画化4作目。脚本はEUフィルムデーズ2017で上映の『私に構わないで』を監督したハナ・ユシッチ。


9ラスト・センテンス:死者への裁きDom över död man / Last sentence(126分・Blu-ray・カラー)

スウェーデン SWEDEN

  • 2018年6月3日1:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月5日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2012(スウェーデン=ノルウェー)(監督)ヤン・トロエル

言語:スウェーデン語  字幕:日本語
Language: Swedish  Subtitles: Japanese

中立政策を取るスウェーデンで、1945年に亡くなるまで反ファシズムを訴え続けたジャーナリスト、トニー・セーゲルステットの生涯を描く。監督は、1960年代以後スウェーデン映画を牽引する世界的監督、ヤン・トロエル。主演は007映画の「ミスター・ホワイト」でも知られるデンマーク人俳優イェスパー・クリステンセン。モントリオール世界映画祭監督賞受賞。


10パジャマを着た男の記憶Memorias de un hombre en pijama / Memoirs of a Man in Pajamas(90分74分・Blu-ray・カラー)

スペイン SPAIN

  • 2018年6月10日1:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月13日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2017(スペイン)(監督)カルロス・フェルナンデス

言語:スペイン語  字幕:日本語
Language: Spanish  Subtitles: Japanese

40歳のパコは、パジャマを着たまま家で働くという幼い頃からの夢を叶え、人気コミック作家として活躍中。水と油にも見えるアクティブな女性、ヒルゲロと恋に落ち、ますますハッピーになるが、そのせいで皮肉にもスランプに陥ってしまい……。アニメ映画化された『しわ』でも知られるパコ・ロカの自伝的作品を原作とした、大人のロマンチックコメディ。


11ウィルソン・シティWilsonov / Wilson City(115分・Blu-ray・カラー)

スロヴァキア SLOVAKIA

  • 2018年5月30日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月2日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU

2015(スロヴァキア=チェコ)(監督)トマーシュ・マシーン

言語:スロヴァキア語  字幕:日本語、英語
Language: Slovak  Subtitles: Japanese, English
日本初公開

第一次世界大戦直後の中欧のとある田舎町(現在のブラチスラヴァ)が舞台。町を米国に併合する計画が進む中、ウィルソン大統領の訪問を目前に不気味な連続殺人事件が発生し、地元の若い警察訓練生と米FBIから派遣された捜査官が解決に取り組む。推理小説シリーズを原案とした皮肉やホラーの要素も含んだコメディ作品。

※『ウィルソン・シティ』では、暗部でモアレ(干渉縞)が見られます。これは元素材に由来するものです。どうぞご了承ください。
In Wilson City, moiré patterns are seen on the dark areas, but these patterns come from the screening material. Thank you for your understanding.


12鉱夫Rudar / The Miner(102分・DCP・カラー)

スロヴェニア SLOVENIA

  • 2018年6月15日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月19日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2017(スロヴェニア)(監督)ハンナ・スラク

言語:スロヴェニア語  字幕:日本語
Language: Slovene  Subtitles: Japanese
日本初公開

2009年、ボスニア人移民のひとりの鉱夫が、スロヴェニアの廃鉱に大量の白骨死体を見つける。それは第二次世界大戦終結直後に行われた虐殺の跡だった。隠蔽された史実の暴露を好まない勢力に攻撃されながらも、彼は犠牲者の尊厳を守ろうとする。実際に旧ユーゴで行われた虐殺とその露見をもとにした物語を、女性監督スラクが、過剰な感傷性を避けつつ濃密に描く。


13アロイス・ネーベルAlois Nebel(87分・Blu-ray・白黒)

チェコ  CZECH REPUBLIC

  • 2018年6月10日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月13日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2011(チェコ=ドイツ)(監督)トマーシュ・ルニャーク

言語:チェコ語、ドイツ語、ロシア語  字幕:日本語
Language: Czech, German, Russian  Subtitles: Japanese

1989年、チェコスロヴァキアとポーランドの国境の小さな駅で働く鉄道員アロイス。彼をさいなむのは第二次世界大戦中の悲痛な記憶。ある日そこに、古い写真と斧を持った謎の男が現れる。ロトスコープの技法を駆使した硬質なアニメーションで厳粛に描かれる、過去の清算と未来の希望の物語。ワルシャワ国際映画祭出品、ヨーロッパ映画賞最優秀アニメーション賞受賞。


14キャスティングCasting(91分・DCP・カラー)

ドイツ GERMANY

  • 2018年6月17日4:15 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月19日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2017(ドイツ)(監督)ニコラス・ヴァッカーバルト

言語:ドイツ語  字幕:日本語
Language: German  Subtitles: Japanese
日本初公開

ファスビンダーの『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』のリメイクに挑戦する女性演出家ヴェラ。オーディションを繰り返すが、撮影初日を前にして主役が決まらない。スタッフの不満が募る一方、名女優たちの相手役を務めるゲルヴィンはチャンス到来を感じ取る。複層的な原作に対応しながら独自の視線を展開していく本作は、権力や欲望に支配された人間関係の深淵に深く切り込む。

© Südwestrundfunk


15ヒットマン:インポッシブルTiszta szívvel / Kills on Wheels(99分・Blu-ray・カラー)

  • 2018年5月27日4:15 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年5月30日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(ハンガリー)(監督)アッティラ・ティル

言語:ハンガリー語  字幕:日本語
Language: Hungarian  Subtitles: Japanese

コミック作家を目指す車椅子の青年ゾリとバルバは、車椅子の殺し屋ルパゾフと出会う。殺し屋の手伝いをするうちに、二人は生きる希望を見出していくが、ゾリらの口封じを拒否したルパゾフは、組織から命を狙われることに。ひねりの効いた視点が最高に楽しいアクション映画。実際に障害を持つ若者がゾリとバルバの役に起用され、リアリティのある青春映画としても仕上がった。

Lakoon Filmgroup©2016


16湖のものがたりJärven tarina / Tale of a Lake(76分・DCP・カラー)

フィンランド FINLAND

  • 2018年5月26日1:45 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年5月29日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(フィンランド)(監督)マルコ・レール、キム・サールニルオト

言語:フィンランド語  字幕:日本語
Language: Finnish  Subtitles: Japanese

氷河に削られて出来た無数の湖があることで知られるフィンランドの、その湖を主役にしたドキュメンタリー。湖は海や川といった水の世界と同じく、生きた動物、植物、昆虫で構成され、季節の移り変わりは物語に変化をもたらす。6千年を超える湖の歴史を通じて、古いフィンランドの神話と変わらぬ信念について語られる貴重な作品。


17スワッガーSwagger(84分88分・Blu-ray・カラー)

フランス FRANCE

  • 2018年6月9日12:45 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月12日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(フランス)(監督)オリヴィエ・バビネ

言語:フランス語  字幕:日本語
Language: French  Subtitles: Japanese

移民が多く暮らすパリ北東郊外の街、オルネーとスヴランで育つ11人の少年少女たち。それぞれに個性豊かな彼らが生きる現実、独自の視点、心に抱く夢が、インタビュー映像と、ミュージカルやSFなどのジャンル映画風に演出された映像とを交えて描かれるドキュメンタリー。撮影はアキ・カウリスマキとのタッグで知られるティモ・サルミネン。

 © Magali Bragard


18Маймуна / Monkey(93分・Blu-ray・カラー)

ブルガリア BULGARIA

  • 2018年6月14日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月20日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(ブルガリア)(監督)ディミタル・コツェフ=ショショ

言語:ブルガリア語  字幕:日本語、英語
Language: Bulgarian  Subtitles: Japanese, English
日本初公開

17歳のイヴァと12歳のマヤは異母姉妹。大好きな父親がこん睡状態に陥ってしまうと、イヴァは心を閉ざし、病院を避けるように。マヤは毎日父に会いに行き、あの手この手で目を覚まさせようとする。そのころ、姉妹のとある行動が問題となり、2人は退学させられそうになっていた。周囲から、そしてお互いにますます孤立する姉妹。ついにマヤは大胆な計画を思いつく……。


19神様メールLe tout nouveau testament / The Brand New Testament(115分・DCP・カラー)

ベルギー BELGIUM

  • 2018年5月27日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年5月31日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2015(ベルギー=フランス=ルクセンブルク)(監督)ジャコ・ヴァン・ドルマル

言語:フランス語  字幕:日本語
Language: French  Subtitles: Japanese

ブリュッセルのアパートでフツーの人間のように暮らしている神。彼は退屈のあまり、人類にひどい仕打ちを始めている。見かねた娘は人類を自由にしようと、全人類にメールで死亡日を教えてしまった。世界を救うため、彼女は兄(イエス)に倣い、力を貸してくれる「使徒」を探し始める。監督は『トト・ザ・ヒーロー』『ミスター・ノーバディ』のヴァン・ドルマル。

© 2015 – Terra Incognita Films/Climax Films/Après le déluge/Juliette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage


20ベルヒカBelgica(126分・DCP・カラー)

ベルギー BELGIUM

  • 2018年5月27日1:15 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年5月31日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(ベルギー=フランス=オランダ)(監督)フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン

言語:オランダ語  字幕:日本語・英語
Language: Dutch  Subtitles: Japanese, English

カフェを改装したナイトクラブをオープンさせた兄弟。やがて町の一番の人気スポットとなったそのナイトクラブの存在が、2人の絆に思わぬ影響を落とすことに。『あきれた日常』(2009)、『オーバー・ザ・ブルースカイ』(2012)(いずれもEUフィルムデーズで上映)に続くヴァン・ヒュルーニンゲン監督作品。サンダンス映画祭ワールド・シネマ・ドラマ部門監督賞受賞。

BELGICA© Thomas Dhanens © Menuet


21ソラリスの著者+寄せ集め(計91分)

  • 2018年6月1日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月2日1:20 PM@長瀬記念ホール OZU

ソラリスの著者 Autor Solaris(56分・DCP・カラー)

ポーランド POLAND

2016(ポーランド=フランス=ドイツ)(監督)ボリス・ランコシュ

言語:ポーランド語、英語、ドイツ語、ロシア語  字幕:日本語
Language: Polish, English, German, Russian  Subtitles: Japanese

寄せ集め Przekładaniec / Layer Cake(35分・DCP・白黒)

ポーランド POLAND

1968(ポーランド)(監督)アンジェイ・ワイダ

言語:ポーランド語  字幕:日本語
Language: Polish  Subtitles: Japanese

ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムについてのドキュメンタリーと合わせて、レムによるラジオドラマを原作とするアンジェイ・ワイダの劇映画を上映。後者は、レムが自作の映像化作品で唯一満足していたものという。

※この企画は、ポーランド独立回復100周年記念事業の一つとして、実施されるものです。

 


22ホース・マネーCavalo Dinheiro / Horse Money(104分・DCP・カラー)

ポルトガル PORTUGAL

  • 2018年6月3日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月7日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2014(ポルトガル)(監督)ペドロ・コスタ

言語:ポルトガル語、クレオール語  字幕:日本語、英語
Language: Portuguese, Creole  Subtitles: Japanese, English

『コロッサル・ユース』(2006)に続き、アフリカのカーボ・ヴェルデ出身でリスボンのスラムに住む移民、ヴェントゥーラを主人公として、鬼才ペドロ・コスタが発表した作品。ひとりの男の人生の終焉に際し、個人および集団としての移民の記憶が交錯する。ロカルノ国際映画祭最優秀監督賞、山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞受賞。世界の多くの映画誌で年間ベストに選ばれた。


23ふたりの旅路Magic Kimono(99分・DCP・カラー)

ラトビア LATVIA

  • 2018年6月10日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月15日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2017(ラトビア=日本)(監督)マーリス・マルティンソーンス

言語:ラトビア語・日本語  字幕:日本語
Language: Latvian, Japanese  Subtitles: Japanese

あることをきっかけに自分の殻に閉じこもってしまったケイコ(桃井かおり)。着物ショーに参加するために神戸を発ち、導かれるように北欧の地、ラトビアの首都・リガを訪れると、過去の震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)と不思議な再会をする。『雨夜 香港コンフィデンシャル』『OKI』(いずれもEUフィルムデーズで上映)に続くマルティンソーンス監督と桃井かおりの3度目の共作。

 © Krukfilms / Loaded Films


24エミリヤ、自由への闘いEmilija iš Laisvės alėjos / Emilia. Breaking Free(122分・DCP・カラー)

リトアニア LITHUANIA

  • 2018年6月7日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月9日3:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2017(リトアニア)(監督)ドナタス・ウルヴィダス

言語:リトアニア語  字幕:日本語
Language: Lithuanian  Subtitles: Japanese
日本初公開

1972年春、ソビエト連邦支配下のリトアニア第2の都市カウナスでは、若者が抗議行動を繰り広げている。子供時代の秘密を抱えて故郷を後にしたエミリヤは、共産主義体制への忠誠と自由を求める心とに引き裂かれつつ、女優を目指して舞台に立ち、やがて抵抗の象徴的存在となっていく。『ファイヤーハート 怒れる戦士』(2011)の監督による、実話に基づくドラマ。

※ロシア語で会話がなされる場面で、日本語字幕とリトアニア語字幕が重なってしまっており、文字が読みづらい箇所があります。


25エリザのためにBacalaureat / Graduation(128分・DCP・カラー)

ルーマニア ROMANIA

  • 2018年6月6日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月12日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2016(ルーマニア=フランス=ベルギー)(監督)クリスティアン・ムンジウ

言語:ルーマニア語  字幕:日本語
Language: Romanian  Subtitles: Japanese

英国留学が決まっていたエリザは、暴漢に襲われて負傷したことから、卒業試験の合格が危うくなってしまう。父である医師ロメオは娘の留学を叶えるべく奔走するうちに、成績改竄と引き換えに違法行為に加担するよう誘われる。ルーマニアン・ニューウェーヴの旗手クリスティアン・ムンジウ監督(『4ヶ月、3週と2日』)の力作。カンヌ映画祭監督賞受賞。

© Mobra Films – Why Not Productions – Les Films du Fleuve – France 3 Cinema 2016


26ラスティー・ボーイズ~ビバ老後!~Rusty Boys(107分・Blu-ray・カラー)

ルクセンブルク LUXEMBOURG

  • 2018年6月17日11:00 AM@長瀬記念ホール OZU
  • 2018年6月21日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2017(ルクセンブルク)(監督)アンディ・バウシュ

言語:ルクセンブルク語  字幕:日本語、英語
Language: Luxembourgish  Subtitles: Japanese, English
日本初公開

子供扱いされるのにうんざりしたヒッピー世代4人のおじいちゃんたちが主人公のコメディ映画。老人ホームを出てシェアハウスで暮らす計画には資金が必要だが、次々トラブルが降りかかり、計画はわき道にそれ続ける。いったい彼らの運命は?主役の1人を演じるアンドレ・ユングは『明日、戦争の後で』(2015、EUフィルムデーズ2017上映)にも出演。昨年のルクセンブルク大ヒット作。


特別プログラム1 上映&トーク ランコシュ監督来日記念


裏面Rewers / Reverse(99分・DCP・白黒/カラー)

ポーランド POLAND

  • 2018年6月2日4:10 PM@長瀬記念ホール OZU

2009(ポーランド)(監督)ボリス・ランコシュ

言語:ポーランド語  字幕:日本語
Language: Polish  Subtitles: Japanese

1952年のワルシャワが舞台のブラックコメディ。祖母、母と3人暮らしの30歳のサビナは、理想的な男性と出会って交際を始めるが、彼が秘密警察の人間だったことから事態は思わぬ方向へ。モスクワ国際映画祭パースペクティブ部門作品賞、ワルシャワ国際映画祭国際映画批評家連盟賞受賞。


特別プログラム2 上映&トーク EU理事会議長国記念 カメン・カーレフ監督作品特集


アイランドОстровът / The Island(95分109分・Blu-ray・カラー)

ブルガリア BULGARIA

  • 2018年6月16日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2011(ブルガリア=スウェーデン)(監督)カメン・カーレフ

言語:ブルガリア語、英語、フランス語
字幕:日本語、英語
Language: Bulgarian, English, French
Subtitles: Japanese, English
日本初公開

パリに暮らすカップルが、男の故郷であるブルガリアに旅をする。そこで2人が迎える衝撃的な転機が、大胆な実験的手法によって語られる。チリ出身の鬼才監督A・ホドロフスキーも出演。カンヌ映画祭監督週間、シッチェス映画祭ニュー・ビジョンズ部門出品。


フェイス・ダウンС личе надолу / Face Down(110分105分・Blu-ray・カラー)

ブルガリア BULGARIA

  • 2018年6月16日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2015(ブルガリア=フランス=ベルギー)(監督)カメン・カーレフ

言語:トルコ語、英語、ブルガリア語、フランス語
字幕:日本語、英語
Language: Turkish, English, Bulgarian, French
Subtitles: Japanese, English
日本初公開

贋金を国外に持ち出そうとした男がフランス警察から取引きを持ちかけられ、国際的な人身売買組織の捜査に協力。少女の救出と自らの贖罪を重ねる主人公を、『夏物語』(1996)『クリスマス・ストーリー』(2008)『わたしはロランス』(2012)のメルヴィル・プポーが演じる。

 © Anastas Petkov


■作品によって開映時間が異なりますのでご注意ください。
■★印のある回はゲストトークを予定しています。

2018年5月26日

2018年5月26日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年5月26日1:45 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年5月26日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年5月27日

2018年5月27日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年5月27日1:15 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年5月27日4:15 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年5月29日

2018年5月29日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年5月29日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年5月30日

2018年5月30日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年5月30日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年5月31日

2018年5月31日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年5月31日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月1日

2018年6月1日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月1日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月2日

2018年6月2日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月2日1:20 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月2日4:10 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月3日

2018年6月3日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月3日1:30 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月3日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月5日

2018年6月5日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月5日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月6日

2018年6月6日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月6日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月7日

2018年6月7日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月7日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月8日

2018年6月8日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月8日6:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月9日

2018年6月9日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月9日12:45 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月9日3:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月10日

2018年6月10日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月10日1:30 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月10日4:30 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月12日

2018年6月12日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月12日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月13日

2018年6月13日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月13日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月14日

2018年6月14日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月14日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月15日

2018年6月15日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月15日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月15日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月16日

2018年6月16日10:30 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月16日1:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月16日4:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月17日

2018年6月17日11:00 AM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月17日1:45 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月17日4:15 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月19日

2018年6月19日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月19日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月20日

2018年6月20日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月20日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

2018年6月21日

2018年6月21日3:00 PM@長瀬記念ホール OZU
2018年6月21日7:00 PM@長瀬記念ホール OZU

トークイベントを予定している上映回

5/26(土)10:30 『私と同じ顔の、おじさん』上映前及び上映後
ゲスト:アンドレス・マイミック監督、マイエ・ロスマン=リルさん(プロデューサー)、ライン・トルクさん(主演俳優)、エヴェリン・ヴォイゲマストさん(主演俳優)、ルーベン・トルクさん(俳優)

5/26(土)16:00 『キッツ先生の子供たち』上映前及び上映後
ゲスト:ペトラ・ラタスター・ジッシュ監督、ペーター・ラタスター監督

5/27(日)16:15 『ヒットマン:インポッシブル』上映前
ゲスト:ナジ・アニタさん(ハンガリー大使館一等書記官)

5/29(火)18:30 『私と同じ顔の、おじさん』上映前及び上映後
ゲスト:アンドレス・マイミック監督、マイエ・ロスマン=リルさん(プロデューサー)、ライン・トルクさん(主演俳優)、エヴェリン・ヴォイゲマストさん(主演俳優)、ルーベン・トルクさん(俳優)

6/1(金)19:00 『ソラリスの著者』『寄せ集め』上映前及び上映後
ゲスト:ボリス・ランコシュ監督、マグダレーナ・ランコシュさん(プロデューサー)

6/2(土)13:20 『ソラリスの著者』『寄せ集め』上映前及び上映後
ゲスト:ボリス・ランコシュ監督、沼野充義さん(東京大学教授)

6/2(土)16:10 『裏面』上映前及び上映後
ゲスト:ボリス・ランコシュ監督

6/7(木)15:00 『エミリヤ、自由への闘い』上映前及び上映後
ゲスト:ジビレ・ガレゴさん(プロデューサー)、ゲディミナス・バルブオリス駐日リトアニア大使

6/7(木)18:30 『ホース・マネー』上映後
ゲスト:小野正嗣さん(作家)

6/9(土)12:45 『スワッガー』上映前
ゲスト:坂本安美さん(アンスティチュ・フランセ日本プログラム主任)

6/9(土)15:30 『エミリヤ、自由への闘い』上映後
ゲスト:ジビレ・ガレゴさん(プロデューサー)

6/10(日)10:30 『アロイス・ネーベル』上映前及び上映後
ゲスト:トマーシュ・ルニャーク監督

6/12(火)15:00 『エリザのために』上映前
ゲスト:タティアナ・イスティチョアイア・ブドゥラ駐日ルーマニア公使参事官

6/13(水)19:00 『アロイス・ネーベル』上映前及び上映後
ゲスト:トマーシュ・ルニャーク監督

6/14(木)19:00 『世界で一番の幸せ』上映後
ゲスト:ヴォルフガング・リッツベルガーさん(プロデューサー)

6/16(土)13:00 『アイランド』上映前
ゲスト:カメン・カーレフ監督

6/16(土)16:00 『フェイス・ダウン』上映後
ゲスト:カメン・カーレフ監督

6/21(木)15:00 『マッド・メアリー』上映前
ゲスト:ティム・ハリントン駐日アイルランド臨時代理大使

*スケジュールはやむを得ず変更する場合があります。
*追加情報は随時、ホームページ・館内掲示などで告知致します。

当日券(発券=2階受付)

料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、東京国立近代美術館及び国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

◆当日券で入場される方には、開館と同時に、当日上映する全ての回の入場整理券を1階ロビーにて発券します。
・各日の開館時間についてはスケジュール欄をご覧下さい。
・各回の開映後の入場はできません。
・当日券の発券は、定員に達し次第締切ります。
・学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方は、証明できるものをご提示ください。
・当日券の発券は各回1名につき1枚のみです。

入場方法

①前売券をお持ちの方は、開場時(開映30分前)に、前売券に記載された整理番号順にご入場いただけます。
②その後は、当日券の整理券をお持ちの方が、整理番号順にご入場いただけます。前売券をお持ちの方は、随時ご入場いただけます。
・前売券、当日券は、当日・当該回のみ有効です。

 

Day Ticket
Fee per film: Single Ticket 520 / University, College & High School Students, Seniors (age 65 or over) 310 / Elementary & Junior High School Pupils 100 / Disabled People (with one companion) and “Campus Members” free

・Day tickets are only available from the ticket desk 30 minutes before screening starts. If you come earlier, Numbered tickets for the screenings of the day will be issued at the reception on the ground floor of the NFAJ.
・Visitors must arrive at the advertised time (Latecomers will not be admitted) .
・To obtain concessionary tickets, visitors must show a valid piece of i.d.
・Only one ticket per person per show can be issued.

Entrance
Those who have an advance ticket can enter the theater in numerical order when the door opens (30 minutes before screening starts). After that, those who have a day ticket can enter the theater. Those who have an advance ticket can enter at any time by the time screening starts.

5月12日(土)10時より、チケットぴあにて全上映回の前売券(全席自由席・各100席分)を販売します。各上映の前日23時59分まで販売。
[Pコード:558-372]

前売料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円

◆前売券を購入された方は、開場時(開映30分前)に、前売券に記載された整理番号順にご入場いただけます。その後は随時ご入場いただけます。

・各回の開映後の入場はできません。
・学生、シニア(65歳以上)の方は証明できるものをご提示ください。
・前売券は当日・当該回のみ有効です。

 

前売券の購入方法
チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルKサンクスで購入
 ⇒前売料金に加え、1枚につき発券手数料108円がかかります。
受付電話(0570-02-9999)で購入
 ⇒前売料金に加え、1枚につき発券手数料108円がかかります。
 ※毎週火・水2時30分~5時30分はシステムメンテナンスのため受付休止となります。
チケットぴあのサイト(http://w.pia.jp/t/eufilmdays/)で購入
 ⇒前売料金に加え、1枚につき発券手数料108円、また決済方法によって1件につき決済手数料がかかる場合があります。
 *購入サイトは、準備でき次第アップされますが、ご利用は5月12日(土)10時からです。

※チケットぴあの手数料等については、チケットぴあHPのヘルプ利用料一覧の頁をご覧ください。
 本前売券の購入に、システム利用料(通常216円/枚)はかかりません。

※前売券の払い戻し、交換、再発行はいたしません。

販売期間:5月12日(土)10時から各プログラムの上映の前日23時59分まで

 

Advance Ticket
Available at Ticket Pia. (Note: The website has no English version and will be available after 10 am on May 12).
[P Code: 558-372]
Fee per film: Single Ticket 520 / University, College & High School Students, Seniors (age 65 or over) 310 / Elementary & Junior High School Pupils 100
・Visitors must arrive at the advertised time (Latecomers will not be admitted) .

国立映画アーカイブ

〒104-0031
東京都中央区京橋 3-7-6

お問い合わせ(8時~22時)
ハローダイヤル
03-5777-8600

アクセス

本日、9月26日は休館日です

国立映画アーカイブ先付け映像『Archive of Lights』
作者 山村浩二
(ロゴ:作者 鈴木一誌)